出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

出版プロデュース実績

ご訪問ありがとうございます。

あなたの商業出版の夢
サポートいたします。

2018年3月23日

テーマ:戦略的出版セミナー情報

【愛知遠征 第一弾!】出版実現合宿in愛知

21日は大雨の中、愛知県の知多半島で出版実現合宿が開催されました。
この出版実現合宿は、一泊二日の間で出版実現セミナー、出版企画勉強会、出版企画添削会の内容を一気に行い、それぞれがそれぞれに最適な出版企画書を完成させるというものです。

まずは13時に集合して、ますは自己紹介から。
それぞれのお仕事や出版したいと思っている企画を聞いたら、出版実現セミナーが始まります。
できるだけそれぞれのビジネスに合うように話の内容を変えながら、少しでも具体的にイメージできるようにカスタマイズしてお話しさせていただきました。

 

 

セミナーが終わったら、各自、自分の部屋に荷物を置いて、夕食です。
海沿いの温泉旅館というだけあって、食事は海の幸づくし。
お酒も進みます。

 

 

食事が終わったら、それぞれパソコンを持ちより、ひと部屋に集まり、出版企画勉強会です。
それぞれのビジネスを聞きながら、ビジネスモデルの見直しをして、出版する内容を確定させていきます。
終わった人から温泉へ。

私は、全員が終わった時にはすでに温泉が閉まっていたので、翌朝に入らせていただきました。

 

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2018年3月19日

テーマ:初版品切れ増刷・重版出来

中嶋茂夫さんの『たった20記事のミニサイトで月10万アクセスを集める方法』の増刷が決まりました

中嶋茂夫さんがソシムから発刊した『たった20記事のミニサイトで月10万アクセスを集める方法』の、増刷が決まりました。

今日が発売日ですが、決まったのは発売日までの先週ですからね。
流石です!

おめでとうございます。

 

 

先週開催されたAmazonキャンペンはグダグダに始めた割に、みるみるうちに盛り上がっていき、最後にはキッチリと総合1位になりましたもんね。
しかも、総合1位になった時に、本人はすでに就寝していたという…。

今まで、中嶋さんのAmazonキャンペーンといえば、総合2位というのが定位置でしたからね。
しかも今回は、1位に強い本もありましたし、途中からテレビで紹介された本もあったのに…今までなら間違いなく諦めてしまう展開だったのに…。

まぁ、今回は事前にこの本のためだけのリストも集めていましたし、いつもより購入者目線での特典も用意してましたので、このキャンペーンにかける想いが伺えました。

結果、今回のキャンペーンでかなりの部数を消化して、発売前に増刷決定という流れです。
あとは、継続的に本屋さんで動くどうかというところ。

内容的には興味深いと思いますの、今後の売れ行きが楽しみです。

 

 

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2018年3月13日

テーマ:書籍が全国書店で発売

中嶋茂夫さんの『たった20記事のミニサイトで月10万アクセスを集める方法』が発売されました

私がプロデュースした、中嶋茂夫さんの『素人でもできる! たった20記事のミニサイトで月10万アクセスを集める方法』がソシムから発売されました。
中嶋茂夫さんは昨年末のクルーズトレイン本に続き、19冊目の出版となります。

そして、只今、まさにアマゾンキャンペーンを展開中~

 

キャンペーンの詳細はこちら

 

 

実は、この企画が決まったのは、昨年の春。
そこから原稿の締め切りを破り続け、催促をし続けても書くこともなく、挙句の果てには後から決まったクルーズトレインの本を優先し、どうなることかと思いきや、紆余曲折いろいろあって、何とか形になりました。

相変わらず、本を出版するたびに当分関わりたくないと思わせてくれる扱いの面倒な著者さんです。

でも、そんな中嶋さんが、なんだかんだとこうして本が出版できるかというと、常に実践者だからです。
自分の中で思いついたことを実践し、成果を出して、そのことでファンを作り、出版をする…実は、この流れをしっかりとデキている人は、あまりいらっしゃらないと思います。

実際に何か思いついて実践するよりも、本を読んで机上論で発信する人が多いですし、成果を出してなくても出たことにしている人やそこを隠している人も多いですよね。
また、成果を出たらスグにセミナーを開催してマネタイズするあたりは賛否両論あるとは思いますが、すぐにリストを集めて、セミナーを開催し、ファンを作っていくスピード感には目を見張るものがあります。
だって、それが販売力に直結しており、私が嫌がっても中嶋さんに出版させたいという出版社が存在している現実がありますからね。

中嶋さんのように出版社と対等で話ができるようになる。
いや、さらに上をいって、出版社を振り回せるぐらいになるためには、これぐらいのことをする必要があるということですね。

個人的には、中嶋さんのスタイルはあまり見習って欲しくはありませんが、実行力とスピード感だけは参考にされるといいと思います。

 

キャンペーンの詳細はこちら

 

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング




 編集プロダクション
 編集プロダクション@Facebook
 編集プロダクション@Twitter
 出版プロデュース
 Amazonキャンペーン
 本のプロデュース
 出版の方法
 出版プロデューサー
 出版コンサルティング
 出版コンサルタント