出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

出版プロデュース実績

ご訪問ありがとうございます。

あなたの商業出版の夢
サポートいたします。

2013年4月10日

テーマ:執筆時の注意点

読者に信頼されるためには

出版してビジネスにつなげようと思ったら、読者との信頼関係構築は絶対条件です。

お金を出して本を買わせておいて、「続きはWebで!」なんていうのは、言語道断!
読者は間違いなく「裏切られた!」「騙された!」という感情を持つでしょう。
そして、そんな著者のレビューは荒らしても、仕事は絶対に発注しませんよね。

では、どうすれば、読者との信頼関係が構築できるのでしょうか?

書籍は、読者が何かに悩んだ時や何かを望んだ時に買われるものです。
その悩みには甘えがあったり、望みには甘さがあったり…。

まぁ、想いにふけるのは自由ですから、気持ちよくさせるというのも手ですよね。

でも、それって本当に読者のことを思ってのことでしょうか?

確かに、読者を気持ちよくさせれば、信頼関係の構築は可能です。
でも、そんなのはうわべだけの信頼関係ですよね。

私のセミナーが参考になるかは分かりませんが、私は、自分の出版実現セミナーでは参加者が抱いている出版への過剰な期待をぶち壊すことから始めます。

その過剰な期待が不幸な著者を生み出す原因になっていることを知っているからです。

結果、このような感想をいただくことはありますが…(汗)
それでも、最終的には、私の想いは伝わり、しっかりと信頼関係は構築できていると自負しております。

これって、本でも同じですよね。

想いをふけっている読者に対し、本当に目的を達成させてあげたいのなら、まずは現実を直視させ、その上でしっかりと目的を達成させるプロセスを解説してあげればいいんです。

内容が腑に落ちたら、少しでも結果がでたらのなら、そこには間違いなく読者との堅い信頼関係が構築できることでしょう。

ただ、そうは言っても、厳しいことを書くにしてもオラオラ書けばいいというわけではありません。
しっかりと読者のことを想い、本気だからこその厳しさだというのが読者にも感じられる必要があります。

このさじ加減、意外に難しいです。

そういう場合は、この本の書き方を参考にしてみてください。
カフェオーナーという夢見がちな読者が多いところに、本気で成功してもらいたいという想いを感じさせてくれる厳しさをうまく表現されております。

こういう書き方ができるなら、間違いなく、読者との堅い信頼関係は構築できるでしょう。

 

ひとりではじめる「こだわりカフェ」塾/セルバ出版
¥1,680
Amazon.co.jp

 

今なら、アマゾンキャンペーン中なので、豪華特典がもらえます!

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2013年3月7日

テーマ:出版社への売り込み

編集者と知り合うなら、Facebookが便利!

出版を目指す上で、一番、ネックになるのが売り込みですよね。
編集者のツテがなく、ゼロから出版社へ企画の売り込みをするとなると、一気に出版へのハードルは上がります。
でも、逆に言えば、編集者へのツテがあるのであれば、そこらへんの詐欺的出版プロデューサーに着手金をだまし取られることなく、出版できるはずです。

では、どうすれば、編集者と知り合いになれ、企画を売り込むことができのか?

私が、一番勧めているのは、Facebook。
知っている著者さんをベンチマークしていると、その著者さんを担当した編集者が意外と簡単に見つかります。
もちろん、検索などでも見つけることは可能です。

編集者を見つけたら、いきなり企画を売り込むのではなく、リアルの人間関係と同じように、徐々に親しくなり、信頼関係を築くように心がけてください。
まずは“いいね!”を繰り返し、友達申請をして、コメントをつけて…そうやって、編集者とつながっていくんです。

編集者とつながれたら、今度は編集者の方に“いいね!”やコメントを書いてもらえるような投稿をしていきましょう。
編集者に「一緒に仕事したい」と思われるのが理想ですが、いきなりそこを目指すのはハードルが高いので、まずはウケることから意識してみてください。

編集者との信頼関係ができあがったら、いよいよ出版企画書を読んでもらう段階に入るのですが、出版を決めるためには、企画力だけではなく、著者側にどれだけの販売力があるのかもチェックされることがほとんどです。
なので、出版企画書を読んでもらう前に、ファンを獲得しておきましょう。

Facebookは、リアルタイムなメディアなので、ヘタな投稿をしてしまったら逆ブランディングになる可能性もあります。
せっかく出版の機会を引き寄せやすいFacebookなのですから、そんな事態に陥ったら本末転倒ですよね。
なので、投稿した内容がどう受け止められるかをしっかりと考えて、投稿するようにしてください。
そこを意識することは、出版に限らず、いろいろな効果をもたらしてくれるはずですよ。

もし、投稿する内容に自信がない方は、この本を読んでみてください。

ソーシャルメディアで伝わる文章術/秀和システム
¥1,680
Amazon.co.jp
この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2013年2月27日

テーマ:書籍を出したい

文芸系の出版を目指すなら…

弊社は、ビジネス書、パソコン書、実用書を中心としており、小説やエッセイ、詩集などの文芸関連は専門外です。

文芸関連での出版を目指される方には、いつも「賞を狙っていきましょう!」とアドバイスしております。

ビジネス書、パソコン書、実用書の場合、出版企画書をしっかり作り込めば、出版することはそれほど難しくはありませんが、文芸関連での出版は対応してくれた編集者の主観による判断に委ねられます。

そのため、隣の編集者が見てくれていたなら…。

そういうケースを実際に目の当たりにしてきました。

実際のアドバイスも、出版社や編集部の見解というよりも、個人としての見解という感じになります。

もちろん、それぞれがプロとして、本作りに関わっているので、大きな見解の違いというのは無いと思いますが、好みや嗜好が違う以上、その見解にも差違が生じることは仕方ありません。

もちろん、最初の編集者と馬が合って、ファンになってもらえたら話しは別ですが…。

その点、賞であれば、審査員が目を通し、それぞれの見解を交わしながら受賞作を審議するため、持ち込むよりは公平な見解を聞くことができるように思います。

ただ、「賞を狙っていきましょう!」と言っても、ある一定以上のクオリティを維持していなければ、話しになりません。

では、ある一定以上のクオリティを維持するにはどうすればいいのかと言えば、ストーリーの構成力と文章の表現力を磨くことです。

ここが脆弱だと、いくら賞に応募したところで、箸にも棒にもかかりませんから。

もし、ご自身のストーリーの構成力や文章の表現力に自信がない方は、こちらのセミナーに参加されることをオススメします(講師陣が豪華です!)。

もしかしたら、文芸関連で出版を目指すヒントも得られるかもしれません。

セミナーの詳細はこちら(Facebookのみ)

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング




 著者コミュニティ
 絶対出版コンサルティング
 著者ビジネス
 出版企画書の書き方
 著者デビュー
 出版プロデュース
 出版コンサルティング
 出版プロデューサー
 出版コンサルタント
 著者との交遊録
 出版の方法
 商業出版の方法
 出版実現コンサルタント