出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

出版プロデュース実績

ご訪問ありがとうございます。

あなたの商業出版の夢
サポートいたします。

2022年8月3日

テーマ:書籍の企画書の書き方

採用される書籍の出版企画書の具体的な書き方

出版を目指すのであれば、採用される出版企画書を作らなくてはなりません。

 

 

しかし、その出版企画書ですが、教える人によってその書き方が大きく異なります。

  • 企画の全てを盛り込み、サンプル原稿まで添えたぶ厚い企画書を推奨する人
  • パッと見で興味を持たせ、読む側の負担にならないようにペラの企画書を推奨する人
  • とにかくプロフィールを作り込み、著者の販売力をアピールさせる企画書を推奨する人

企画書での必須項目も含めさまざまです。

全ては実績に基づく経験からその書き方を推奨しているので、仕方がありません。

つまり、出版企画書に正解は無いのです。

 

ここからは、完全な私見を書きます。

 

出版企画書は、単に企画を説明するだけではありません。

とくにインターネットが普及し、出版企画書を売り込みやすい環境になった昨今では、企画書を通じて著者の社会性もチェックされていることは忘れてはいけません。

また、出版企画書をどう位置づけるかをイメージすることも重要です。

 

私の場合、出版企画書は企画に興味を持ってもらい、話す場を確保するためのツールだと思っています。

なので、企画の全てを書き込まず、「答えを知りたい」「詳しく聞きたい」と思わすところで留めます。

なぜなら、企画の魅力を文字だけで伝えるのは困難だからです。

身振り、手振り、声のトーンやテンションなども含めて説明した方が、出版社の編集者には伝わります。

 

また、読んで分かってしまう出版企画書だと、会っても何も話すことがありません。

出版企画書を音読するは、お互いに時間の無駄ですし、そういうのを出版社の編集者は嫌う傾向にあります。

だからこそ、口で説明する余地を残す必要があると思うのです。

 

あとは、厚さを見ただけで読む気が失せることもありますので、それを回避する狙いもあります。

 

いずれにしても、出版企画書の体裁は、営業する人の売り込みの手法や営業スタイルに合わせる方が上手くいくことは間違いありません。

これは、出版企画書を書く著者の売り込みの手法や営業スタイルではなく、実際に出版社へ売り込みに行く人の売り込みの手法や営業スタイルに合わせなくては意味が無いので、注意しましょう。

 

弊社にも、他の人に教えてもった出版企画書の書き方で書いた企画書を、出版が決まらなかったので、弊社で売り込んで欲しいという相談がよくあります。

しかし、弊社にしてみれば、こういう企画書は扱いづらいことこの上ないのです。

もちろん、道義的な問題もありますし…。

 

最後に、直接出版社に売り込む場合に私が最適だと思われる企画書を書いておきます。

 

郵送で送付場合、著者が東京へなかなか上京できないエリアに住んでいる場合は、ぶ厚い企画書が良いでしょう。

ただし、この企画書で出版を決められるだけの内容にしなければ、連絡はいただけないと思ってください。

敷居は高くなりますが、連絡が来た時は、かなりの確度で出版されるはずです。

 

メールで送信する場合、著者が東京近郊に住んでいる場合は、ペラの企画書が良いでしょう。

やはり、会って説明した方が企画は通りやすいです。

そのためにも、いかに「答えを知りたい」「詳しく聞きたい」と思わせ、いかに気軽に連絡してもらえるようにするかがポイントになります。

ただし、会う場合は沈黙は印象があまりよくありませんので、人見知りするのであれば、ぶ厚い企画書にした方が良いかもしれません。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2022年7月26日

テーマ:書籍を出したい

出版ブランディング戦略は効果絶大です

商業出版を実現すると、ブランディングに役立つという話しを聞いたことがあると思います。

顧客の集客はもちろんのこと、それ以外にも投資家も集まりますし、リクルートやプロモーションにも効果的です。

自分の会社の商品やサービスなどに関する内容で商業出版を実現することで、その商品やサービスがブランド化さ、会社としての信頼性や親近感、ステータスの向上を図ることもできます。

 

 

今まで、私が担当してきた著者さんのお話しを伺っていると、商業出版のメリットとして、次のようなことがあげられます。

  • 会社信用度がアップし、勝手にお客さまが集まってきます
  • 出版することで、同業他社に圧倒的な差がつけられます
  • 名刺代わりに書籍を出すことで、優位に商談を進めることができます
  • マスコミが注目し、雑誌やラジオ、テレビなどの取材が来ます
  • 弟子や社員希望者が全国から殺到します
  • 著者であるあなたは「先生」と呼ばれ、「第一人者」になれます
  • 同窓会にも参加しやすくなり、親戚、知人から一目置かれます
  • スナック・キャバクラで、モテます
  • 最大の親孝行ができます

 

コストをかけて出稿する広告とは異なり、商業出版は信頼できる付加価値の高い情報として伝わっていくようです。

私が知っている限り、ある著者は引っ越しの時に著書を見せたことで保証金を免除していただいたそうですし、ある著者は住居用のマンションで著書を見せたことで事務所としての利用を許可されました。

ある著者は著書を出したことで大手企業からのコンサルが仕事として発生しましたし、ある著者は著書があったことで上場企業での研修の仕事がスムーズに決済されたそうです。
他にも、テレビ出演を果たしたり、海外進出のきっかけになったり、商工会議所などから講演の依頼が殺到したりと、本当にいろいろなことが起こります。

しかも、これらのことが加速度的に発生するのです。

 

それは商業出版というツールには、「書籍を出版したことがある」というだけで、凄い人なんじゃないか、この分野の専門家なんじゃないかと勝手に思わせるだけの権威づけになる力があるということでしょう。

 

あなたが商業出版を実現することで、あなたはその業界の専門家であり、第一人者として認識されるようになります。

もし、あなたが自分でビジネスをしているのであれば、早くその内容本にして商業出版を実現して、次のステージに上がっちゃいましょう。

 

もちろん、これだけの効果のある商業出版な訳ですから、誰でも簡単にできる訳じゃないし、それなりの内容に仕上げられていけないということになるのですが…。

それでも挑戦する価値は十二分にあると思いますよ。

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2022年7月20日

テーマ:書籍が発刊されたら

ロングセラー作家として著書を息の長い本にするためには

最近では、出版された書籍が発売されても、すぐに売れない本は、翌月には大量に返本されてしまうようです。

返本されるということは、本屋さんから本がなくなるということですから、その後、その本が売れるという可能性は著しく低下するでしょう。

 

これは、毎日毎日200点以上の本が発売されていることに起因しており、毎日毎日送り込まれる新刊たちと、現在本屋さんに置かれている本との間で、限られた本屋さんの棚に置かれるための熾烈な生存競争を繰り広げいているのです。

 

 

なので、自分の著書を息の長い本にするためにはいくつかの工夫をしなければなりません。

 

そのひとつが、元棚が明確になっている本にする」ということです。

元棚とは、書籍が本来置かれる棚のことを言います。

棚というのは、ご存知の通り、書店にある棚ですが、棚はカテゴリー分けをされております。

つまり、どこのカテゴリーの棚に置くべき書籍なのか明確になっている本でないと、最初の生存競争で敗北してしまうということです。

書籍は、発刊されると、まず、各棚の前に平積みで置かれます。

そこで売れれば、より目立つ場所に移動になります。

しかし、結果がでないと、次の新刊と差し替えられるのですが、その時、置く棚が明確だと、棚差しされますが、どのカテゴリーに置くべき書籍なのかが不明瞭だと、返本される傾向にあるのです。

大手書店では、棚もかなり細分化されておりますので、置かれたい棚のキーワードが書名に入るようにすると良いでしょう。

 

次のポイントは、その元棚での定番本を狙うというもの。

各カテゴリーの棚には、それぞれいろいろな切り口の本が置かれていると思います。

切り口にはブームなどがありますので、コロコロ入れ替わるのですが、なかなか入れ替わらずに長きにわたり鎮座している本が定番本です。

定番本というのは、その棚の中で一番分かりやすく、基本的なことが書かれている、一冊目需要に応えている本を意味します。

この定番本は、次のより良い本が出るまで鎮座し続けられるだけですなく、既刊の定番本を分析して、その本より良い本を作ればいいわけですから、そこを狙うことはそれほど難しくはありません。

だって、後出しジャンケンですからね。

 

ということで、元棚が明確で、その元棚の定番本になる本を企画することで、あなたの本はロングセラーになりますし、あなた自身もロングセラー作家になることができるのです。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング