出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

出版プロデュース実績

ご訪問ありがとうございます。

あなたの商業出版の夢
サポートいたします。

2022年5月16日

テーマ:書籍を出したい

出版のニーズの移り変わり

物事には流れというものがあります。

この流れというのは、過去の繰り返しから、ある種の法則化されていることがほとんどです。

 

 

もちろん、出版業界においても、その法則化されている流れというものがあります。

例えば、何かデバイス系の商品が売れると、出版社はこぞって本を出します。

最初に入門書、そして裏テク本、次にビジネス活用本…。

次に同じようなデバイスが売れたとしても、また出版社はこぞって本を出します。

その時も、やはり、最初に入門書、そして裏テク本、次にビジネス活用本という流れで出版されるのです。

 

これには、実は読者のニーズの移り変わりが反されていると言われております。

何かデバイスが流行ると、「何それ? 何ができるの?」と興味津々なので入門書が売れますが、ヘビーユーザーはさらにそのデバイスを使って「何か面白いことができなか?」「他の人がやっていないようなことはできなか?」と裏テクを知りたくなり、ここまで普及すると手放したくないので、会社に持っていく正当化できる理由というか大義名分が欲しくなり、ビジネスでの活用方法を知りたくなるのです。

 

ちなみに、これは限られたジャンルではなく、たいていのジャンルで同じような流れというものがあります。

例えば、何かSNSが話題になると、出版社はこぞって本を出します。

最初に文化論的な読み物、そして入門書、次に稼ぐ本という具合です。

そして、また次に何か新しいSNSが話題になると、また出版社はこぞって本を出します。

最初に文化論的な読み物、そして入門書、次に稼ぐ本という順です。

 

これにも、当然、理由があります。

最初のその話題のSNSが話題になっている理由を知りたいので文化論的な読み物が売れ、では実際に使ってみようということになり入門書が売れると、今度はそれを使って何か稼ぐことはできないかを考えるという流れになります。

 

パソコン書以外のジャンルでも同様です。

例えば、何か投資商品が流行ると、出版社はこぞって本を出します。

最初に入門書、そして大きく儲ける本、次に手堅く儲ける本…。

次にまた何か投資商品が流行ると、再び、出版社はこぞって本を出します。

最初に入門書、そして大きく儲ける本、次に手堅く儲ける本という順です。

 

これも同じです。

最初は流行っている投資商品のことが知りたいので入門書が売れますが、入門書ではなかなか稼げないので、大きく儲ける本を買い、その投資商品に夢を馳せますが、ハイリスクハイリターンだと疲弊してしまい、手間をかけずに手堅く儲ける本という流れになります。

 

このようにジャンルが同じ場合、テーマが違えども、書籍の展開は類似していることがほとんどどです。

とういうことは、今、流行っているモノ、流行りそうなモノの類似本を見つけ、今がどの状況かを把握し、過去の流れから次は何になるかを予想して、先読みして出版企画を用意してみてはいかがでしょうか?

そうすることで、一足先に企画を提案することができますよ。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2022年5月9日

テーマ:ブログを出版したい

出版企画書の代わりにブログを書こう

もし、ブログを運営しているのなら、出版企画書には必ずブログのアドレスを記載しておきましょう。

 

 

自分の企画やプロフィールを全て出版企画書にまとめて書いたところで、素人が書いた出版企画書ではその全てがしっかり伝わるとは思えません。

それでボツになるぐらいだったら、ブログのアドレスを記載しておくで、ブログを直接見てもらい、企画をより深く理解してもらった方がいいでしょう。

さらに、ブログを見てもらうことで、そこから新たな別の発見があり、もっといい企画を提案してもらえるかもしれません。

 

ただし、同時に文章力などもチェックされることになりますので、文章力に自信がないのであれば、出版社に出版企画書を送る前にブログの文章に手を加えておいた方がいいかもしれません。

チェックする編集者は、あなたの原稿を編集する当事者でもあります。

もし、文章力が乏しい状態であれば、それを直すのは自分な訳ですから、この文章力だと後で自分が大変になると思ってボツにされてしまう可能性があるのです。

 

なので、出版企画書にブログのアドレスを記載するのであれば、出版社の人に見られても問題の無いようにしておいてください。

 

中には、ブログで出版社に売り込んでこんなこと言われたとか、編集者が分かってないなど、出版への本音を書いている人がいますが、そういうのも気をつけてくださいね。

出版社の編集者がその記事を読んだら、本人じゃなかったとしても、もしかしたら自分も何か書かれるかもしれないと思う訳です。

なので、出版社の編集者が見たらどう思うかを考えて、記事を精査しておいてください。
おべっかを書けとは言いませんが、書かなくてもいいことを書く必要はありませんからね。

 

ちなみに、本にしたいテーマと同じテーマでブログを運営している場合、そのブログが出版企画書の代わりになることがあります。

さすがにブログのアドレスだけで出版社に売り込める訳ではありませんが、話しの流れの中でブログを見てもらって、そのまま出版が決まることはよくあったりします(なので、ブログを見てもらえるぐらいの関係性でなくてはなりませんが…)。

もちろん、ブログをそのまま書籍化することはほとんどありませんが、編集者に本にしたいテーマを伝えるという意味では、ブログからかなりの情報量が得られますので、ブログを見てもらうというのはとても有効です。

 

もし商業出版を目指すのであれば、是非、そういう使い方も想定してブログを運営してみてください。

そうすることで、通常の読者さんにもより分かりやすく、より伝わりやすいブログになるはずですから。

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2022年4月25日

テーマ:書籍の企画書の書き方

出版社に読んでもらえる書籍の企画書

出版デビューを目指すうえで、出版企画書の存在は不可欠です。

いかにこの出版企画書で自分の企画をアピールできるかが、出版デビューできるかどうかを左右するといっても過言ではありません。

 

しかし、この出版企画書をしっかり書けていないない人が多すぎます。

 

 

私は、かつて某出版社の編集長も兼務していたので、多くの出版企画書に目を通しておりましたが、かなり酷いです。

どう酷いかというと、そもそも読む気にならないというもの。

読みづらい、見づらいは当たり前で、中には開くことすらできないものまでありました。

それで、本当に出版できると思っているんでしょうか?

 

次の段階として、読んでもいいかなぁと思えるレベルまで達していたとしても、そこに書かれている文章が日本の文字を使った羅列になっており、とても日本語とは言えないようなものや、読めたとしても何を伝えたいのか分からない…。

最後まで読めたものでも、押しつけがましい企画や全く売れる気がしない企画など、いや~、本当に酷いです。

 

もし、出版デビューを目指すのであれば、しっかり企画書を書くようにしてみてください。

もし、書き方が分からないということであれば、弊社のマニュアルをダウンロードして、熟読してから、企画書を書いてみてください。

実際に弊社のマニュアルを読んだ人と、そうでない人では、企画書の出来に大きな差がありますから。

 

ちなみに、弊社のマニュアルを読んで作成した企画書を持って出版社に売り込んだら、一発で通ったという報告も多数聞いております。

それぐらい再現性のある実践的なマニュアルとなっておりますので、興味がありましたら、是非、ダウンロードしてみてくださいね。

ダウンロードする際に名前とメールアドレスを登録しておくと、企画書完成後に無料面談サービスや出版社への売り込みもお引き受けいたします。

名前を適当に入力される人もいらっしゃいますが、マニュアルは入手できてもそれ以降のサービスは受けられなくなりますので、注意してください。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング