出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

出版プロデュース実績

ご訪問ありがとうございます。

あなたの商業出版の夢
サポートいたします。

2018年2月2日

テーマ:書籍が全国書店で発売

高木慎悟さんの『英会話が5分続く 英会話疑問文トレーニング』が発売されました

私がプロデュースした、高木慎悟さんの『英会話が5分続く 英会話疑問文トレーニング』が新星出版社から発売されました。
高木慎悟さんは初めての出版です。

 

 

高木さんが出版実現セミナーに参加されて一年以上が経過してから、出版が決まりました。
しかも、最初はまったくあたりが無かったのに、急に数社からオファーいただいて決まったのです。

それだけでも異例なのに、高木さんはフィリピン在住。

私としては、英会話本もはじめてなら、海外在住の著者とのやり取りもはじめて。
正直、時差やゲラを送れない環境の中でのやり取りで最初はどうなるかと心配しながらのスタートでしたが、ネットのおかげで難なく進行できたと思います。

やっぱり、ネットは凄いですね。
私も、いろいろな部分で自信ができました。

本は発売されたので、あとは販促。

海外在住の著者がどういう販促ができるのかを考えなくてなりません。
もちろん、内容だけでも売れるぐらいの自信作には仕上がっておりますけどね。

ということで、この本のこれからの売れ行きに期待していてください。

 

 

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2018年1月31日

テーマ:書籍が全国書店で発売

皆川顕弘さんの『Googleアナリティクス完全ガイド』が発売されました

私がプロデュースした、皆川 顕弘さんの『スモールビジネスのための Googleアナリティクス完全ガイド グローバルサイトタグ対応』がソシムから発売されました。
皆川顕弘さんは2年半ぶり、3冊目の出版となります。

 

 

実は、今回の企画は、前著の『Googleアナリティクス アクセス解析完全ガイド』の改訂版として話が進んでいました。

この本、なかなかなロングセラー商品となっていましたからね。

 

 

ところが、実際に改訂版の制作が始まると、画面が違うところがチラホラ…。
挙句の果てには、画面どころかグローバルサイトタグが採用され、もはや改訂版で手に追える感じじゃなくなってしまったのです。

で、どうせなら、グローバルサイトタグ対応版での一冊目を狙うべきう、新刊本として仕切り直しました。

当然、この2年半の間には皆川さんのアナリティクス活用法も進化しておりますので、そこも踏まえて完成したのが今回の本です。

個人事業主や中小企業の人が、アナリティクスを使いこなして、さらにサイトを集客できるものにするのに必要な要素が詰め込んでありますので、是非、お手にとってご覧いただきたいと思います。

この本も、前著同様に息の長い本になってくれたら嬉しいですね。
これからが楽しみです。

 

 

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2018年1月30日

テーマ:戦略的出版セミナー情報

【東京開催 第二弾!】出版企画勉強会in東京

翌日は出版企画勉強会です。
出版企画勉強会も値上げに伴い、プレゼン方式だったのをグループコンサル形式へ内容を変更しました。
実際、年末の福岡開催の時に実験的にやってみたら、思いのほか効果的だったので、採用した次第です。

 

 

内容が変わっても、出版企画を考えるプロセスは一緒です。

本は出せばいいという訳じゃありませんので、何のために出版するのかを考え、そのためにどんな本を出版するべきかを考えるという逆算的な思考が必要になります。

ビジネスにつなげるとは言え、リストを集めて一気にバックエンド商品を売りつけたり、テレビ出演や講演家デビューのような一過性のうわっついたことを狙うのであれば、私じゃない人を紹介します。
私の場合、しっかりと読者と信頼関係を築き、5年、10年後もビジネスにつながる本づくりを目指しているので、ちょっと思考が違うんですよね。

まぁ、そこを踏まえて、皆さんの想いやスキルを引き出し、落としどころを見つけるための勉強会です。

中には思い描いていた企画とは全く違う企画になった人や、落としどころに納得されていない方もいらっしゃったかもしれませんが、私が押し付けた訳ではなく、ヒアリングの結果なので、そういう人は、無理に今すぐ出版しなくてもいいということだと思います。

弊社の場合、著者から着手金をいただくわけではないので、何が何でもスグに出版させたいわけではありませんので、その人にとっての最善を考えてアドバイスできるのが強みです。
まぁ、出版したい気持ちが先行して、タイミングじゃないのに出版される方もいらっしゃいますが、そういう人の多くが幸せな著者人生をおくれてません。

何を優先して考えるのか…そこがポイントだったりするわけです。

あとは、私のアドバイスを元に企画書をお送りいただけたら、無償で出版社へ売り込みを行いますので、ちゃんと送ってくださいね。
送らずに終わってしまったら、もったいないですよ。

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング




 編集プロダクション
 編集プロダクション@Facebook
 編集プロダクション@Twitter
 出版プロデュース
 Amazonキャンペーン
 本のプロデュース
 出版の方法
 出版プロデューサー
 出版コンサルティング
 出版コンサルタント