出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

出版プロデュース実績

ご訪問ありがとうございます。

あなたの商業出版の夢
サポートいたします。

2018年5月18日

テーマ:初版品切れ増刷・重版出来

高木鉄平さんの『短期間でやる気を引き出す! 個人面談』の増刷が決まりました

高木鉄平さんがつた書房から発刊した『短期間でやる気を引き出す! 個人面談』の、増刷が決まりました。

キャンペーンが終わってすぐに増刷がきまったので、発売日前の増刷決定です。
素晴らしい!

おめでとうございます。

 

 

ゴールデンウィーク直前のアマゾンキャンペーンでしたが、本人はやる気満々!
で、実際にキャンペーンスタート。

本人は一生懸命に頑張りますが、それが数字にはなかなか反映されない…。
笛吹けども踊らず…。

普通なら、ここで心折れる著者が多いのですが、そこからの踏ん張りが違いました。
二日目に気合を入れなおす意味で頭を坊主にすると、絶対に諦めない姿勢に徐々にまわりのボルテージも上がっていき、仲間たちがたくさん応援にも駆けつけ、最後の最後には凄い盛り上がりになってました。
順位こそ、総合で10位でしたが、このキャンペーン期間中に売れた冊数は2000冊超え。

これって、凄い数字なんです。
私の知る限り、2000冊超えを達成されたのは、あのアメブロの有名人だけですからね。

今回の増刷は、100%このキャンペーンの成果です。
つまり、著者の力です。
もちろん、著者だけの力ではなく、著者を取り巻くすべて、とくに応援してくださった皆さんの力と言ってもいいでしょ~

あとは、この勢いがどれだけ書店に波及させることができるかです。
本人はすでに書店へのあいさつ回りも始めているようですし、これからの売れ行きが楽しみです。

 

 

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2018年5月17日

テーマ:参加セミナー&イベント

第176回 横浜異業種交流会キャリアセッションに参加しました

月曜日は、横浜で開催されている異業種交流会、キャリアセッションに参加してきました。
キャリアセッションには久々の参加です。

参加した理由は、私の講談の師匠である神田山緑先生が出版記念で登壇されるというので…。
あ、出版された本はこちらです。

 

 

寄席には何度も足を運びましたが、セミナーを伺うのは初めて。
どんな風に登壇されるのか興味津々…。

実際、参加してみて思うのは、「さすが!」のひと言。

声の緩急や間の取り方で、場の空気を自由自在にコントロールされるという…。
話しの内容は、本を編集した身としては、知っている内容ばかりではありましたが、山緑先生が実際にお話しすると初めて聞いた話のように聞こえてしまうんですから、不思議なこともあったものでございます。

講談のスキルを身近に活用できる方法として、自分の自己紹介を考え、発表するワークもあったのですが、皆さん、楽しそうに作り、いきいきと発表されてました。
ちょっとしたコツで、こうも聞く人を惹き込むことができるものなかと、講談スキルの奥深さに感動です。

今回は懇親会には参加せず、ササっと帰りました。
山緑先生、お疲れ様でした。

 

 

自分も講談を習い始めて一年。
何となくですが、その場の空気をコントロールできている感覚が芽生えつつあります。
先日の福岡セミナーでも、皆さんにご好評いただけましたしね。
実際にビジネスで効果が出てくると、益々、楽しくなってきます!

もし、講談スキルに興味のある方は、いきなりお教室に通うのも不安だと思いますので、まずはこちらのイベントに参加してみてはいかがでしょうか?

 

講談師神田山緑さんトーク&講談イベント

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2018年5月15日

テーマ:日本ソーシャルコミュニティ協会

【福岡開催】見込み客に!刺さる!申し込みたくなる!小冊子の作り方講座

土曜日は、福岡で開催されている起業家のためのweb戦略実践塾『ビズトレ』で登壇させていただきました。
テーマは「見込み客に!刺さる!申し込みたくなる!小冊子の作り方」です。

小冊子とはいえ、本ですからね。
そりゃ、現役編集者として、お伝えできることは五万とあります。

最近では、小冊子をダウンロードさせる替わりにメールアドレスを集めるという手法が主流となっておりますが、多くの人がしっかりとリストを集められておりません。

その理由は簡単です。

メールアドレスを登録するということは、その後にいろいろと鬱陶しい売り込みがあることを知っていますからね。
ようは、その鬱陶しさと小冊子の魅力を天秤にかけて勝てていないというだけの話し。

ということは、鬱陶しさを凌駕するほどの魅力的な小冊子を作るためには、何を考え、どんな下調べをして、その価値をいかに言語化し、それをどう打ち出せばいいのか…みたいなことをお話しさせていただきました。

 

 

たんに自分の書ける内容で作るのではなく、自分の書ける内容をいかに料理するのかです。
自分目線から、読者目線へ。

まぁ、ひと言で言ってしまえば、そういうことなんですけどね。

セミナー終わりは、もちろん、懇親会。
毎回、思うのですが、福岡の夜は長い…。
一次会、二次会、三次会…と続き、ホテルにチェックインしたのが3時ぐらいでした。

 

 

翌日は、主宰者の三澤由紀恵さんのご厚意で、セミナー参加者の有志で門司港へ。
地ビールをいただきながら、郷土料理に舌鼓。
とっても楽しい時間を過ごしました。

 

 

ただ、帰りが飛行機の時間ギリギリで、何とか無理を言って、乗せてもらったものの、なんと悪天候のため出発が30分遅れるという…。
まぁ、そんなこんなでバタバタでしたが、無事に帰京することができました。

また12月におじゃますることになっておりますので、皆さん、よろしくお願いいたします。

 

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング




 編集プロダクション
 編集プロダクション@Facebook
 編集プロダクション@Twitter
 出版プロデュース
 Amazonキャンペーン
 本のプロデュース
 出版の方法
 出版プロデューサー
 出版コンサルティング
 出版コンサルタント