出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

カテゴリ:執筆時の注意点

2021年7月25日

テーマ:執筆時の注意点

出版業界におけるスケジュール管理について

長年、出版業界に身をおいていると、業界外の人との意識にズレを感じます。

それは、スケジュールに対する意識です。

 

 

私が出版業界に入って、一番最初に叩き込まれたことは、「親の死に目に会えなくても締め切りを守れ!」ということでした。

これは、今でも出版業界では慣習化しております。

 

ちなみに、その理由は、本一冊作るのに多くの職種の人たちによる、幾重にも及ぶ工程を経るため、その過程において一人でもスケジュールを守れない人がいると、その後の工程に関わる多くの人たちに迷惑をかけることになるから。

 

そのため、出版のスケジュールは、各職種の人たちとのスケジュールを調整した上で、かなり緻密に組み上げていきます。

 

本を出版する著者は、そこ工程の一番上流にいるため、著者の原稿が遅れると、その先の全ての工程に影響が出てしまい、多くの人たちに迷惑をかけることになるのです。

 

例えば、著者が半日原稿を遅れたとします。

半日であれば、工程上、容易に吸収できるレベルではありますが、朝から原稿待っていた次の工程の人からすると、何もできずに半日を過ごしてしまうのです。

そして、その半日の遅れを取り戻すために、その人は徹夜をしてその遅れを吸収することになります。

 

著者の身勝手な遅れで、いきなり定時帰宅の予定が徹夜になってしまうのです。

自分の身に置き換えて考えてみれば、それがどれほど精神衛生上、よくないことかは分かりますよね?

 

しかも、それだけではありません。

徹夜で作業を行うということは、その人の残業代や深夜残業代など、本来、発生しない目に見えないコストも発生します。

当然、そのコストは誰も負担してもらえないので、各自の持ち出しになるのです。

半日でも影響を大きいのですから、1日以上の遅れは、さらに問題を深刻化します。

場合によっては、発刊中止になることもあるでしょう。

 

スケジュールの管理は社会人の基本ですが、「少しぐらい」とか、「半日なら」と、軽く考えがちな傾向を感じてしまいます。

しかし、出版におけるスケジュールは、“絶対”です。

あなたが遅れたら、その遅れを他の人が取り返すために苦労しなければなりません。

 

だからこそ、出版を目指すのであれば、締め切りに対する意識をしっかり持つようにしてください。

例え、一冊目は後工程でなんとか吸収して大事に至らなかったとしても、それを挽回するぐらいの売れ行きでない限り、同じ出版社で二冊目が決まることはないでしょう。

 

また、それぐらい大切な締め切りに対する意識な訳ですから、当然、出版前の打ち合わせでも見られています。

平気で5分、10分と遅れて来る人は、スケジュール管理の意識が低い著者になると認識されてしまうので、日常的に意識したほうがいいですよ。

こういうところで出版が決まらないこともあり得ますので、それって非常にもったいないですから。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2013年4月10日

テーマ:執筆時の注意点

読者に信頼されるためには

出版してビジネスにつなげようと思ったら、読者との信頼関係構築は絶対条件です。

お金を出して本を買わせておいて、「続きはWebで!」なんていうのは、言語道断!
読者は間違いなく「裏切られた!」「騙された!」という感情を持つでしょう。
そして、そんな著者のレビューは荒らしても、仕事は絶対に発注しませんよね。

では、どうすれば、読者との信頼関係が構築できるのでしょうか?

書籍は、読者が何かに悩んだ時や何かを望んだ時に買われるものです。
その悩みには甘えがあったり、望みには甘さがあったり…。

まぁ、想いにふけるのは自由ですから、気持ちよくさせるというのも手ですよね。

でも、それって本当に読者のことを思ってのことでしょうか?

確かに、読者を気持ちよくさせれば、信頼関係の構築は可能です。
でも、そんなのはうわべだけの信頼関係ですよね。

私のセミナーが参考になるかは分かりませんが、私は、自分の出版実現セミナーでは参加者が抱いている出版への過剰な期待をぶち壊すことから始めます。

その過剰な期待が不幸な著者を生み出す原因になっていることを知っているからです。

結果、このような感想をいただくことはありますが…(汗)
それでも、最終的には、私の想いは伝わり、しっかりと信頼関係は構築できていると自負しております。

これって、本でも同じですよね。

想いをふけっている読者に対し、本当に目的を達成させてあげたいのなら、まずは現実を直視させ、その上でしっかりと目的を達成させるプロセスを解説してあげればいいんです。

内容が腑に落ちたら、少しでも結果がでたらのなら、そこには間違いなく読者との堅い信頼関係が構築できることでしょう。

ただ、そうは言っても、厳しいことを書くにしてもオラオラ書けばいいというわけではありません。
しっかりと読者のことを想い、本気だからこその厳しさだというのが読者にも感じられる必要があります。

このさじ加減、意外に難しいです。

そういう場合は、この本の書き方を参考にしてみてください。
カフェオーナーという夢見がちな読者が多いところに、本気で成功してもらいたいという想いを感じさせてくれる厳しさをうまく表現されております。

こういう書き方ができるなら、間違いなく、読者との堅い信頼関係は構築できるでしょう。

 

ひとりではじめる「こだわりカフェ」塾/セルバ出版
¥1,680
Amazon.co.jp

 

今なら、アマゾンキャンペーン中なので、豪華特典がもらえます!

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2012年12月28日

テーマ:執筆時の注意点

本を作るというのは、たくさんの方々との共同作業なのです

編集会議で企画が採用されると、今度は原稿の執筆ということになります。

まさに産みの苦しみです。

ちなみに、本が完成するまでに、どれだけの方々と係るか御存知ですか?

出版社の編集者さん、編プロの編集者さん、ライターさん、イラストレーターさん、カメラマンさん、デザイナーさん、装丁家さん、出版プロデューサーさん、出版社の営業さん…など、本の内容によって関わる職種の増減はありますが、とにかくたくさんの職種の方々と協力をしながらの共同作業です。

それぞれがプロとして自負している面々。

同じ“売れる本、いい本”を作るという目標に向かっていても、それぞれの立場からぶつかり合う事もしばしば…。

著者以外の職種の方々は、そういう環境で仕事をし続けておりますので、そんなのは慣れっこですが、著者の方にとってはじめての経験で、ビビってしまったり、キレてしまったり…。

でも、ビビって何も言わないのは、著者として責任を放棄するのに等しいです。

自分の名前で刊行される本なのですから、最後までしっかりと自分の意見は言ってください。

また、やり取りの中でキレてしまいたいこともあるでしょう。

その気持は、よ~く分かりますが、キレても結果的にいい本ができるわけではありませんよね。

むしろ、相手の意欲を削ぐ結果になってしまい、悪循環になるケースもあります。

出版の場合、途中で関わっている人を替えてもらうということはできません。

ガーガー言って、少しでも良くなるなら言うべきかもしれませんが、そうでないのなら、どんな相手であったとしても、気分良く仕事してもらった方が、絶対に良くなるに決まっています。

相手もプロなわけですから、相手を理解し、尊重した上で、自分の意見を言う。

ポイントは、“売れる本、いい本”を作るという目標に向かって、前向きに、建設的にコミュニケーションがとれるかということです。

苦手な方は、この本を読んでみるといいですよ。

嫌いなあの人を味方に変える12の方法/かんき出版

¥1,260
Amazon.co.jp

これで、気難しい方が多いと言われている出版業界においても、たいていの方を自分の本をより“売れる本、いい本”にするためにコントロールできるようになります。

今なら、キャンペーン中なので、特典がもらえてお得です!

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング




 著者コミュニティ
 絶対出版コンサルティング
 著者ビジネス
 出版企画書の書き方
 著者デビュー
 出版プロデュース
 出版コンサルティング
 出版プロデューサー
 出版コンサルタント
 著者との交遊録
 出版の方法
 商業出版の方法
 出版実現コンサルタント