出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

カテゴリ:書籍を出したい - Part 4

2023年7月18日

テーマ:書籍を出したい

出版社からオファーされて本を出版する方法

出版社は常に売れそうなテーマ、面白いテーマを探しています。

自分たちでテーマを考えることには限界があり、並行してそういうテーマを持っている人を探しているということです。

出版社は、質の高い作品を出版することで、その作品が読者に価値提供を実現します。

これは売れると予想されるものや、読者にとって魅力的なもの……つまり、市場に需要があるテーマに対して特に当てはまります。

 

しかし、自分の作品が市場にとって価値あるものなのか、それとも単なる自己満足なのかを見極めることは難しい場合があります。

それならば、どのようにしてその価値を見つけ、明らかにすることができるでしょうか?

 

まず一つ目の方法は、市場のニーズを理解し、そのニーズに基づいて自分のアイデアやテーマを考えることです。

この市場のニーズは、日々のニュースや社会の動きから読み取ることもできます。

例えば、新たな法律が制定されれば、その法律の詳細や影響を解説した内容は読者からの需要が生じる可能性があります。

新しい商品やサービスがリリースされた場合、その使い方や効果的な活用法を教える書籍も求められるでしょう。

話題の人物が現れた時、その成功の秘訣や背景を詳しく説明する内容は、多くの人々から興味を引くはずです。

 

次に、そのようなテーマを持っているだけではなく、それを自分の強みとしてブランディングすることも重要です。

自分がそのテーマについて深く理解していること、それに関する独自の視点や洞察を持っていることを示すためには、そのテーマについて調査し、研究し、検証し、勉強し続けることが必要です。

そして、その結果をブログやメールマガジンといったSNSで情報発信し、自分自身をその分野の専門家としてアピールすることです。

 

ネット上での情報発信は、テーマの露出を増やし、あなたの知識や経験、視点を共有する手段となります。

そして、それが多くの読者によって読まれ、共有されることで、あなたのそのテーマに対する認知度が上がります。

アクセス数や読者数が増えることで、あなたのファンがどれだけ多く存在しているかも証明されるはずです。

これは、出版社があなたに出版のオファーをする上でかなり重要な要素となります。

なぜなら、ネット媒体が持つ影響力、発言力というパワーは、著者の販売力を示す指標であり、出版社にとって大きな魅力だからです。

 

以上のように、出版のオファーを受けるためには、まず自分のテーマが持つ価値を明らかにし、それを市場に示すことが必要です。

そして、そのテーマを通じて自分自身をブランディングし、その価値を読者に伝えるための情報発信をしていきましょう。

これが、あなたが出版オファーを引き寄せるための一番簡単で確実な方法です。

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2023年3月17日

テーマ:書籍を出したい

自分の強みや実績を書いた名刺で編集者に印象付ける

商業出版を実現したいと思ったら、出版社の編集者との良い関係を築くことが大切です。

編集者との関係は、ただの友達以上のもの。

彼らがあなたのことを知り、あなたの作品に興味を持ってもらうことがとても重要になります。

 

では、どうやって編集者との接点を作るのか?

そして、どうやって彼らにあなたのことを気に入ってもらうのか?

 

では、その方法をお話ししますね。

 

 

まず、編集者との接点を作るには、著者が開く出版記念パーティーに参加するのが一番簡単な方法です。

そこには、その著者の出版に関わったいろいろな人が集まるので、編集者と出会うチャンスがたくさんあります。

著者のメルマガをチェックして、パーティーの情報を見逃さないようにしましょう。

出版記念セミナーでも編集者がゲストで来ることもありますが、実は出版記念パーティーに比べると、ちょっとチャンスが少ないかもしれません。

それでも、告知されていれば、申し込んでみる価値はあると思いますが…。

 

次に、編集者にあなたの存在を気に入ってもらう方法ですが、これがなかなか難しいんです。

名刺交換の時に1分くらいしか話す時間がないので、その短い時間でどれだけ自分をアピールできるかが勝負です。

会話だけだと時間がかかるし、後で覚えてもらいにくいので、名刺をうまく使いましょう。

普通の名刺じゃなくて、あなたの強みや実績がぎっしり詰まった名刺を作るんです。

そして、その名刺に書いてあることから編集者側から話しかけてもらえるように仕向けて会話を引き出し、会話を盛り上げます。

ここで編集者の興味を引きつけることができれば、あなたの強みや人柄を伝えることができます。

 

でも、変わった名刺を出して目立とうとするのは、逆効果になることも。

編集者はビジネスマンでもありますので、あまりにも奇をてらった名刺は失笑を買い、スルーされがちです。

編集者との交流はビジネスフィールドにおける話なので、名刺はビジネスライクでありながら、その範疇であなたの強みや実績をしっかりと伝えるものにしましょう。

 

編集者との関係作りは、ただの名刺交換以上のものです。

あなたの専門性だけでなく、人間性や信頼性も伝えることが大切。

この方法で、出版の夢を現実に近づけていきましょう。

出版の世界は、あなたが思っている以上に素晴らしいものですよ。

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2023年3月5日

テーマ:書籍を出したい

本の出版方法は3パターン

書籍の出版方法をどうこう言う前に、先に売り込む先の出版社が何をどう考えて出版するかどうかを決めているかを知りましょう。

 

出版社が本を出版するかを決めるパターンは3つ。

この3つを理解してしまえば、自分が何をすべきなのかは自ずと分かるはずです。

 

 

では、出版社が書籍の出版を決める3つのパターンを紹介していきます。

 

●著者で決まるパターン

簡単に言えば、「この人が出版したら売れる!」というパターンですね。

つまり、テレビなどの露出の多い有名人や売れている書籍の著者、ブログやメルマガ、YouTubeなどで圧倒的な読者数を確保していたり、影響力を保有しているインフルエンサーなどに直接オファーするパターン。

そういう人たちからの紹介などもこのパターンに該当します。

このパターンは、条件交渉なども伴うことが多いため、基本的には出版社から直接オファーすることが多いです。

また、編集実務が出来ない多くの出版プロデューサーが売り込む場合もこのパターンがほとんどなので、そういう出版プロデューサーが指導する出版企画書は著者プロフィールが盛々になります。

 

●企画で決まるパターン

著者は誰でもいいので、売れそうな企画や面白そうな企画を出版するパターンです。

このパターンの場合は、著書の有無も含めて著者は問われないので、何で売れそうなのか、いかに面白いのかをアピールすることで、出版することができます。

ただし、このパターンの場合、いろいろなリスクをヘッジする意味でも編集実務を伴うことが多いため、編集プロダクション経由で決まることがほとんど。

弊社では、はじめて方でも企画を売り込めるように『企画持込型サービス』というサービスをご用意しております。

 

●戦略で決まるパターン

売れる、売れないよりも出版社の戦略上必要な書籍を出版するというパターンで、基本的には外部から提案されるものではなく、出版社内で決まった企画を編集プロダクションに作成を依頼します。

戦略上必要な書籍というのは、シリーズ展開や出版社のブランディング上、出していなければならない書籍などが該当します。

なお、売れる、売れないよりも出版社の戦略を重視しますが、売れないのを前提に作る本は一冊もありません。

このパターンの場合に対応するべく、多くの編集プロダクションでは、どんな依頼も請けられるように常に多くの著者と交流しています。

弊社では、はじめて方でも出版のオファーを受けられるように『著者登録型サービス』というサービスをご用意しております。

 

このように、出版社が出版を決めるパターンは、3つしかありません。

 

個人的には、はじめて出版するのであれば、下の2つのパターンがおすすめです。

まずは、そのために何をすればいいのかを考え、まず一冊目の出版を実現してください。

そして、その本を必ず売りましょう。

 

その本が売れたら、その実績を引っさげて、一番上のパターンで2冊目を出版していきましょう。

なると分かりますが、それぐらい一番上のパターンと下の2つのパターンは待遇が違いますから…。

最初の時の編集者の対応が嘘のようですよ(笑)

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング