出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

出版プロデュース実績

ご訪問ありがとうございます。

あなたの商業出版の夢
サポートいたします。

2017年2月17日

テーマ:戦略的出版セミナー情報

【熊本&岐阜遠征 第三弾!】本の出版で、あなたのビジネスを加速!出版セミナーin岐阜

熊本から名古屋に移動してら、足指バンドのナカメ式足指バンド装着実習会が開催されているということで、懇親会だけ参加させていただきました。
新たな装着士が誕生されたようで、仲間が広がるのは素敵ですね。

翌日は岐阜に移動してぎふスタで登壇です。

今回は出版に関するお話をさせていただいたのですが、出版を目指すというより、出版を目指せるのか、出版ってどんなものなのかという段階の参加者ばかりなので、いつもの出版実現セミナーのフロントとなる内容です。

メリットとデメリットをお伝えし、出版業界の実情をお伝えした上で、何をすれば出版できるのか、出版を目指すのに必要な準備は何なのかをお話ししました。

 

 

午後の部のメンバーと一緒に腹ごしらえ。

 

 

夜の部のメンバーとは懇親会。
お酒が飲めないのが辛い…。

 

 

そして、翌日は、念願だった“ながら”に乗車して、帰京です。
この列車も実は水戸岡鋭治さんがデザインされてます。

 

 

病み上がりでお酒も飲めない状態でしたが、何とか完遂いたしました。
来月からはいつもの感じに戻れると思います。

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2017年2月16日

テーマ:戦略的出版セミナー情報

【熊本&岐阜遠征 第二弾!】出版企画勉強会in熊本

熊本の二日目は、出版企画勉強会。
いつものように、それぞれの書きたいことを、なぜ書きたいのかから紐解き、本としての商品価値の高い企画へと昇華させていきます。

出版は、あくまでも出版社があって成立します。
その出版社に出す意義を感じてもらわなければ、出版はできません。

なので、自分が書きたいからでは、出版できないのです。

ひとりひとりにプレゼンしてもらい、アドバイスをしながらブラッシュアップしていくのですが、毎回、参加者が変われば内容も変わります。
何度やっても面白いですね。

二日目は、懇親会はないものの、ラーメンはいただきました。
でも、そのお店が写真禁止のお店だったので、写真はなしです。

このまま写真がない記事だと寂しいので、三日目、四日目に乗った電車の写真を(笑)
どちらも、水戸岡鋭治さんがデザインした列車です。

 

 

 

そして、熊本を旅立つ前の腹ごしらえにいただいたラーメン。
ラーメンを食べた感想で、「ふあふあなスープだね」って言ったのははじめてです(笑)

 

 

五日目からは岐阜になります。

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2017年2月15日

テーマ:戦略的出版セミナー情報

【熊本&岐阜遠征 第一弾!】出版実現セミナーin熊本

先週の木曜日から5泊6日の遠征です。

前日が江戸スタだったので、ほぼ寝ずに支度を整え、飛行機に乗り込み爆睡しました。
最初に向かったのは熊本。

もちろん、セミナーの前に腹ごしらえ。
実はこのお店は三年前に伺って、お気に入りだったお店です。

 

 

そしたら、今度はセミナーです。

会場は未来会議室。
遊び心が満載で、とっても素敵なコワーキングスペース。

こんなコワーキングスペースならやってみたいと思います。

 

 

今回のセミナー参加者さんは、すぐに出版したいというより、出版ってどういうことだろうとか、出版するとどんなことになるのとか、どちらかというと出版に興味がある人が多かったようです。

なので、いつものようにガンガン飛ばしまくる感じではなく、できる限り、優しく、かみ砕いて分かりやすくお話しさせていただきました。

出版業界はただでさえ閉鎖された業界。
都内で活動しても、なかなか漏れ聞こえない業界の中の話ですからね。

まずは業界のことを知っていただき、その上で攻略する。
まさに孫子の『彼を知り己を知れば百戦殆からず』ということです。

参加された方が、出版に興味があるレベルから、出版してみたいかもというレベルに上がっていくのが表情を見ていても伝わってきます。
懇親会も当初よりも参加人数が増えて、より具体的なお話をさせていただきました。

 

 

みんなが具体的に出版をイメージして、準備を進めていく。
そのお手伝いができることが、本当に楽しいです。

さて、この中の誰が出版するのでしょうか?
楽しみです。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング




 編集プロダクション
 編集プロダクション@Facebook
 編集プロダクション@Twitter
 出版プロデュース
 Amazonキャンペーン
 本のプロデュース
 出版の方法
 出版プロデューサー
 出版コンサルティング
 出版コンサルタント