出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

出版プロデュース実績

ご訪問ありがとうございます。

あなたの商業出版の夢
サポートいたします。

2022年9月28日

テーマ:ブログを出版したい

ブログやメルマガの書籍化は可能か?

よくブログやメルマガの書籍化を目指される人がいらっしゃいます。

かつてはそれで出版を実現させることも可能ではありましたが、現状ではなかなか難しいと思った方がいいでしょう。

 

 

というのも、メルマガやブログと書籍はメディアとしての特性が大きく違います。

 

メルマガやブログは無料ですし、書籍は有料です。

メルマガやブログは時系列で発信された単発の情報ですし、書籍は体系化された情報です。

メルマガやブログはモニタで読みますし、書籍は紙で読みます。

 

これだけ特性が違うということは、読み手の意識も違いますし、属性も違うことはおわかりいただけると思います。

 

つまり、メルマガやブログとでは読者ターゲットが違います。

ということは、メルマガやブログを書籍化したところで、メルマガやブログの読者が買ってはくれるかもしれませんが、新たな書籍を買っている人たちにはなかなか受け入れられないということです。

書籍化は、あるターゲットのための情報を情報をそのままに違うターゲットに発信するようなものです。

当然ですか、結果、売れません。

 

もちろん、メルマガやブログの読者が多いインフルエンサーであれば、その人たちが買ってくれるだけでもそれなりの部数にはなりますので、それでも成立するとは思います。

そして、そこで話題になれば、そこから新たに書籍を買っている人たちも出てくるでしょう。

ただし、それにはそれなりの影響力がなくてはなりません。

 

かつては、メルマガやブログをそのまま書籍化できた時代もありましたが、結果的に売れなかったため、今ではほとんどなくなりました。

 

とはいえ、出版企画を売り込みに行くときには、メルマガやブログなどの媒体を持っていることはアドバンテージになりえます。

しかし、それは決してメルマガやブログの書籍化を望んでいるわけではありません。

メルマガやブログは、出版社にとっては販売力とコンテンツ力を確認するためのもの、著者にとっては書籍を執筆するためのリソースぐらいに考えた方がよいでしょう。

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2022年9月20日

テーマ:書籍を出したい

ネットにパワーメディアを持つメリット

商業出版の実現を目指す上で、ネット媒体を運営していることは、いろいろなメリットがあります。

そのメリットを3つに分けて紹介します。

 

アウトプットのメリット

  • 思考の整理、ネタ出し
  • 文章力のトレーニング
  • 読者の反響をチェック
  • 原稿の下書きになる
  • 情報が集まってくる
  • 人脈が集まってくる

 

出版実現のメリット

  • 編集者からのアプローチ
  • 著者の人間性が分かる
  • 今までの取り組みが確認できる
  • 文章力が確認できる
  • ファンがすでにいる
  • 本を売る能力がある

 

出版後のメリット

  • 販売促進キャンペーンの実施
  • 自分で本を売り続けられる
  • 見込み客のリスト化
  • ファンの教育
  • バックエンドの販売
  • 継続収入の流れを作る

 

実際にネット媒体を運営していると、こういうメリットがあります。

ただし、ただ運営していたのでは、これらのメリットを享受することはできません。

これだけのメリットを享受するためには、そのネット媒体がパワーメディアになっている必要があるのです。

逆に言えば、そこまでのネット媒体に育っていないのであれば、それはメリットも半減することになります。

 

 

ちなみに、パワーメディアとは、メルマガであれば読者が1万人以上、ブログであればユニークアクセスが1日1000を目安にしてください。

 

さらに、自分のネット媒体を将来的に出版につながるパワーメディアに育てる上で大切なことは、次の5つのポイントになります。

  • 好きなことより続けられること
  • ネタは100%は出さない
  • プライベートについてもふれる
  • ブランディングをする
  • 出版したい旨をアピールする

 

実際に出版を実現した著者の面々を見ても、その人が運営するネット媒体がパワーメディアであることがほとんどだということは分かると思います。

 

パワーメディアになっているということは、販売力もさることながら、そのネット媒体の魅力や文章力なども評価されているということです。

ここでいう文章力は技術的なことではなく、言霊のような読者を引きつける力を意味します。

 

あと、パワーメディアを持つメリットとしては、出版実現に向けて、他の著者との交流にも大いに役立ちます。

中でも、その著者の本を紹介し、販促に協力することで、恩を売ることも可能であり、それが後に自分の本を出版した時の販促に協力してもらうことにもつながります。

 

自分のネット媒体をパワーメディアに育てることは、そんなに簡単なことではありませんが、それ以上にパワーメディアを保有する効果は絶大です。

大変ではありますが、頑張って乗り越えましょう。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2022年9月6日

テーマ:出版社への売り込み

出版社が企画にあった著者や作家を探す方法

商業出版をするには、大きく分けて2つのルートがあります。

一つは、自分で出版企画書を作成し、自分で出版社に売り込む方法です。

そしてもう一つが、出版社の編集者さんにオファーしてもらう方法です。

 

一般的に商業出版を目指す場合は、前者の方法を実践することがほとんどだと思います。

そこで、今回はあえて後者の方法について解説します。

 

 

出版社の編集者さんは、自分が担当する書籍というのは、売り込まれた企画を採用して担当する場合と自分で企画を立てて、その企画を執筆してくれる著者を探す二通りがあります。

出版社の編集者さんにオファーしてもらう方法を狙うのであれば、編集者が著者を探すこのタイミングで見つけてもらう必要があるということです。

 

ただし、編集者はいきなり無作為に著者を探すということはありません。

出版社の編集さんは、多くのライターさんや著者さんと交流をもっています。

まずは、そのライターさんや著者さんの中から売れた本のライターさんや著者さんから声をかけるはずです。

なので、よほどのことがない限り、この段階で見つかってしまうので、著者さんに困ることはほとんどありません。

 

ただ、極稀に著者さんの当てが無い企画を担当することがあります。

そういう時こそ、チャンスなのです。

 

では、その場合に編集者が著者を探すプロセスを紹介します。

 

まずは、検索エンジンで探そうと検索をします。

検索キーワードは、企画のテーマと専門家を表すキーワードの組み合わせです。

当然、そのテーマの専門家に執筆を担当してもらいたいですからね。

 

だいたい2ページ目までは見て、著者候補を物色します。

その時のポイントは、質と量です。

質というのは、ノウハウやメソッドなどの内容の質と文章力の質を意味します。

そして、量というのは、ひと記事あたりの文字数とブログ内にある記事数を意味します。

次にピックアップした著者候補の中からどの順番でオファーをするかですが、まずは商業出版をする意思を感じられる人からオファーするはずです。

オファーして断られるのは面倒ですからね。

あとは、ブログに人気(ひとけ)がある人を優先する場合もあります。

人気というのは、コメントやいいね!が多く、多くの人が見に来ているであろう気配です。

 

ここまでしっかり対応しておけば、いざという時に出版社の編集者からオファーされるようになりますので、是非、やってみてください。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング