出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

出版プロデュース実績

ご訪問ありがとうございます。

あなたの商業出版の夢
サポートいたします。

2021年4月25日

テーマ:出版社への売り込み

出版社で企画が採用されるまでのプロセスと決め方

出版企画を出版社にお送りしてから、スグに検討して、スグに回答いただける訳ではありません。

ほとんどの出版社では、企画を提案して進行が確定するまでに2~3回の会議を通過しなくてはなりません。

 

このことを多くの人が知らないため、つい状況確認の催促メールをお送りしてしまい、編集者の心象を悪くしてしまう人が意外と多いです。

 

 

では、その2~3回の会議というのは、どういうメンバーが参加し、どういうことを話されるのでしょうか?

実は、各会議では、話し合う内容も違うし、参加するメンバーは異なります。

 

1回目の会議

ここでは、編集部内でネタを吟味します。

この時点では、書名案と企画概要ぐらいの簡単な情報で、多数集まったネタから選別するのが目的です。

 

2回目の会議

ここでは、1回目に通過したネタをより詳細に検討します。

この時点ではじめて企画書が必要になります。

ここを通過したら、よほどなコトが無い限り内定となります。

 

3回目の会議

ここでは、確定を前提として、営業など他の関連セクションの方も含めて、部数や価格、ギャランティなどを詰めます。

企画としては良くても、採算が見合うかなどにより、最終的な結論が出ることになります。

 

企画書を作成するということは、1冊分の本の設計図を書くようなものです。

なので、本を一冊書き上げるぐらいの労力がかかります。

しかし、最初の会議で採用されなかったとしたら、その作業のすべたが不毛な作業になってしまうのです。

なので、直接、出版社の編集者にお話しできる環境にあるのであれば、会議の進捗に合わせて段階的に企画書を作成した方が良いでしょう。

 

また、ネタの段階では、出版社の方と話しをしながら決まるコトもよくあります。

「こういう人がこういう本を書いてみたいそうなんですが…」

「あ、それ、面白そうだね」

この時点で、何もしなくても1回目の会議は通過できたも同然だったりします(こういう場合、出版社の方が会議用の資料は作成してくれます)。

ちなみに、この会話を出版社の編集長や社長との会話だと、2回目の会議もほぼ通過できたも同然となるでしょう。

もちろん、3回目の会議は条件面が確定する重要な会議でもありますので、まだまだ気を抜いてはいけません。

この会議の結果次第で、出版社側が企画を却下することもありますし、逆にこちら側からお断りするような条件を提示されることもありますので(極端に定額なギャランティ提示など)。

 

全ての出版社がこのような流れとは言いませんが、多くの出版社のプロセスからそれほど外れていないはずです。

企画確定までのプロセスを理解することで、より効率的に売り込みをしていきましょう。

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2021年4月19日

テーマ:書籍を出したい

出版で重要なのは「本にしたら売れそう」という感覚

本の著者になること、作家になることについて、意外に敷居が高いように感じられている人がいるようですが、実はそんなに難しいことではありません。

 

どんな本の著者でも、ベストセラー作家でも処女作があります。

つまり、最初は素人ということであり、素人でも出版できたんだという事実があります。

 

そして、対する出版社は、いつでも「本にしたら売れそう」なネタを探しています。

 

ということは、供給もあるし、需要もあるという状態だということです。

しかし、なかなか出版が決まらない人もいるというのは何故か?

 

 

理由はそれほど難しい話ではありません。

理由は2つです。

 

ひとつは、あなたの企画が売れそうだとは思われなかったということ。

そして、もうひとつは、あなたの企画が出版社に認知されていないということ。

 

前者は企画自体に問題があるので、それは自分で解決するしかありませんが、後者ならやり方次第でどうにでもなります。

そのやり方というのは、あなたの企画を必要としているであろう出版社のアンテナに引っかかるかどうかです。

そのためには、まずは出版社がどのように企画を探しているかを知っておくべき必要があります。

それは、メルマガであったり、ブログ、ホームページです(現状では、ブログから出版への道は難しいですが…)。

もちろん、他にも口コミの場合もありますし、テレビに取り上げられた方の場合もあります。

 

いずれも、「本にしたら売れそう」ということは大前提ですが、いかに出版社がチェックしているメディアで、あなたが露出しているかがポイントです。

もし、出版を目指しているのであれば、そのことを考慮して、まずは自分を露出して、目立つことを考えてみてはいかがでしょうか?

 

極論でいえば、文章なんて書けなくても本は出せたりします。

「本にしたら売れそう」と思えれば、編集者がどんな文章でも修正してくれますし、ゴーストライターを立ててくれることもあるからです。

 

そういった意味でも重要なのは、「本にしたら売れそう」ということであり、いかに出版社の目にとまってもらえるかが勝負なのです。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2021年4月12日

テーマ:書籍を出したい

著者名(ペンネーム)を使うときの注意点

これから本を出版する人も、すでに本を出版された人も、注意して欲しいのは『著者名』です。

著者名は意外と重要で、出版社では著作物がある場合、その本が売れたかどうかを調べ、その売れ行きが二冊目の出版企画の進行可否に大きな影響を与えます。

書店でも、その著者の著作物が売れていたかどうかで、平積みにするか、棚差しにするか、返本するかの判断に使われることがあります。

本が売れて、はじめて売上になる書店としては、置ける本の数も有限なことですし、売れる可能性の低そうな本を置く場所なんてないのです。

そんなことより、より売れそうな本をより多く置くことが、書店にとっての至上命題だと言ってもいいでしょう。

 

 

つまり、売れない本を書いた著者は、「売れない著者」という烙印を押されたのと同意です。

 

これは、ときに企画内容よりも重要視されることがあります。

なので、すでに出版をして、著作物がある場合でも、その本があまり売れなかったとしたら、著者名を別の名前(ペンネーム)にすることをオススメします。

売れない本の実績より、何も実績がない方が、これから売れる可能性があると判断される場合が多いからです。

それによって、また企画をまっさらな気持ちで検討していただけることでしょう。

 

また、これから本を出版される場合でも、著者名が売れない本を出された著者名と同姓同名だった場合、著者名は変えられた方がよいかもしれません。

出版社の方とは直接お話しができますので、誤解を解くことはできますが、書店ではその判断がつかないため、同一人物と見なされる場合が多いから…。

 

著者名を変えることに違和感がある方は、「~研究会」などにして、その会の主宰者は自分である旨を奥付の著者紹介欄で記載する方法もあります。

著者名は、あくまでも表紙に記載される名前で、その名前がデータベースに登録されるので、売れなかったとしても、その「~研究会」の「~」の部分を変更するだけで、著者名を変えるのと同じ効果があるのです。

そうすれば、元の名前は同じで、複数の著者名を得ることができますので、著者名をコロコロ変えるより、実績として残しやすくなるでしょう。

 

逆に、著者名をコロコロ変えてしまうと、実績として残しづらく、「実はどれも私です」と言ったところで、胡散臭さが増すばかりです。

いずれにしても、著者名はいろんな意味で末永く残るものですので、慎重に考えることをオススメします。

 

まぁ、出版した本が売れてしまえば、全てはどうでもいいことになるんですけどね。

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング




 著者コミュニティ
 絶対出版コンサルティング
 著者ビジネス
 出版企画書の書き方
 著者デビュー
 出版プロデュース
 出版コンサルティング
 出版プロデューサー
 出版コンサルタント
 著者との交遊録
 出版の方法
 商業出版の方法
 出版実現コンサルタント