最近、読者登録時のコメントやメッセージで、「出版は費用がかかるので…」とか、「出版するのにいくらかかるんですか?」というようなことを書かれる方がいらっしゃいます。

なので、あえて書きますが、商業出版は無料です。しかも、印税を受け取ることができます。

出版には、商業出版、共同出版、自費出版の3つの形態が存在します。

他にもいろいろとありますが、それらは、この3つの派生型なので、ここでは説明を割愛します。

では、商業出版、共同出版、自費出版の3つについて説明いたします。

●商業出版

出版社が費用を全額負担して、尚かつ、印税を受け取って、書籍を出版すること。書店に並び、売れれば重版され、その分の印税も受け取ることができる。ただし、内容に関しての主導権は発行者である出版社にある。

●共同出版

著者と出版社が出版費用を折半する。一般的には、初版費用を著者が負担する代わりに書店流通および宣伝を出版社が行う。書店に並び、売れた場合は、実売に合わせた印税をうけとることができる場合もある。内容に関しては、出版社と著者と協議して決めることになっている場合が多い。

●自費出版

著者が自分で費用を全額負担して、書籍を出版すること。書店に並ぶことは無いが、内容に関しては著者が自由に決めることができる。

ちなみに、弊社が取り扱っているのは商業出版のみです。

なので、費用を負担する必要もありませんし、印税を受け取ることもできます。

弊社の場合、出版が確定した時点で成功報酬制でギャランティは発生しますが、受け取る印税との相殺になりますので、持ち出しは一切発生いたしません。

もし、費用負担を気にして企画書を作成していないのであれば、そんな心配は必要ありません。

今からでも企画書を書いてみましょう。