本を出版したいと思ったら、その本を出版する目的を考えてみましょう。

目先の営利目的ではなく、もっと大局で見たときの社会貢献的な目的です。

その本の社会的な存在意義や本質的なコンセプトをイメージすることで、“誰に”、“何を”、“どのように”伝えるのかが明確にイメージできるようになります。

イメージができるようになると、本を出すモチベーションが上がります。

モチベーションが上がれば、“意志”が芽生え、“覚悟”を決めることができるのです。

この方は、「200万人が読めば、日本と日本人の空気が変わる」という社会的な存在意義を打ち出し、「日本を元気にする本」というコンセプトにしたことで、、“誰に”、“何を”、“どのように”伝えるのかが明確にイメージでき、この本が生まれました。

本を出版する目的を考えることは、本を出版する上での大きな一歩です。

是非、一度、挑戦してみてください。