出版デビューを目指すうえで、企画書の存在は不可欠です。
いかにこの企画書で自分の企画をアピールできるかが、出版デビューできるかどうかを左右するといっても過言ではありません。
しかし、この企画書をしっかり書かない人が多すぎます。
私は、某出版社の編集長も兼務しているので、多くの企画書を目を通しますが、かなり酷いです。
読みづらい、見づらいは当たり前。
目を通す気にならない、企画書の文章が日本語じゃない、何を伝えたいのか分からない、全く売れる気がしない…いや、本当に酷いです。
もし、出版デビューを目指すのであれば、弊社のマニュアルは、必ずダウンロードして、熟読してから、企画書を書いてみましょう。

実際に弊社のマニュアルを読んだ方と、そうでない方では、企画書の出来に大きな差があります。

また、弊社のマニュアルを読んで作成した企画書を持って出版社に売り込んだら、一発で通ったという報告も聞いております。

ダウンロードする際に名前とメールアドレスを登録しておくと、企画書完成後に無料面談サービスや出版社への売り込みもお引き受けいたします。

名前を適当に入力される方もいらっしゃいますが、マニュアルは入手できてもそれ以降のサービスは受けられなくなりますので、注意してください。