本の著者になること、作家になることについて、意外に敷居が高いように感じられているようですが、実はそんなことはありません。
どんな本の著者でも、ベストセラー作家でも処女作があります。
つまり、最初は素人ということです。
出版社は、何時でも「本にしたら売れそう」なネタを探しています。
問題は、その探している出版社のアンテナに引っかかるかどうかです。
では、出版社がどのようにネタを探しているのでしょう。
それは、メルマガであったり、ブログ、ホームページです。
他にも口コミの場合もありますし、テレビに取り上げられた方の場合もあります。
(現状では、ブログから出版への道は難しいですが…)
いずれも、「本にしたら売れそう」ということは大前提ですが、いかに露出しているかがポイントです。
もし、出版を目指しているのであれば、そのことを考慮して、まずは自分を露出して、目立つことを考えてみてはいかがでしょうか?
極論でいえば、文章なんて書けなくても本は出せたりします。
「本にしたら売れそう」と思えれば、編集者がどんな文章でも修正してくれますし、ゴーストライターを立ててくれることもあるからです。
そういった意味でも重要なのは、「本にしたら売れそう」ということであり、いかに出版社の目にとまってもらえるかが勝負なのです。