出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

出版プロデュース実績

ご訪問ありがとうございます。

あなたの商業出版の夢
サポートいたします。

2009年9月28日

テーマ:書籍を出したい

出版するのに重要なこと

出版デビューをするためにには、次の3つのコトが重要になります。
○ネタの厳選
○通る企画書
○売り込む出版社
この3つがしっかりできれば、出版デビューは決して難しいものではありません。
ただし、いずれもひとりで考えていると、誤解してしまうことも多いですし、業界内にいないと理解できないことも多いようです。
私自身、永年、この業界におりますので、あまり意識していなかったのですが、多くの出版デビュー希望者の方と話していると、切にそう思います。
そういう意味では、私に限らず、業界内の人間と一度お話しすることオススメします。
商業出版デビューのためのセミナーもたくさん開催されているようです。
もちろん、私もセミナーでお話したりもしますので、そこに参加していただけるとありがたいですが…。
いずれにしても、そういう業界内の人間との出会いが、出版デビューへの第一歩だと認識してください。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2009年9月28日

テーマ:近況報告

福岡と大阪に出張します

今月の28日と29日に福岡と大阪に出張することになりました。

28日に福岡入りして、打ち合わせ&呑み会、そして、そのまま宿泊。

29日の午前中に大阪入りして、11時からホテルグランヴィア大阪で某会員制クラブの講演会に参加します(講師が元・聖飢魔IIのドラマーの方だそうです。これで何の集まりかバレちゃいますね。)。

で、懇親会に参加して、14時には終了の予定です。

もし、その後、大阪で時間がある方がいらっしゃったら、連絡ください。

ホテルグランヴィア大阪の1階にある喫茶店でお茶でも飲みながら、簡易出版相談会をしようと思います。

新幹線の切符は、当日にとりますので、28日中までなら大丈夫です。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2009年9月24日

テーマ:書籍を出したい

ベストセラー作家になれるかどうかはあなた次第

これからは、著者が本を売る時代になってきました。
ただ、著者が本を売るということは、出版社の役割が軽くなるということでもあります。
だったら、企画を通す敷居を少し下げてもらわなくては、不公平でしょう。
そこで、「アマゾンキャンペーンで2000部は売ります。売れ残ったら買い取ります。」と言ってみてはいかがでしょうか?
そうすることで、出版社としては、2000部の販売を確保することになりますので、企画を通す敷居は間違いなく下がります。
(1000部だと微妙ですが、2000部以上なら問題ないでしょう)
これは、著者のアドバンテージになるはずです。
もちろん、出版社のやり方では売れなくなってきているものの、出版社はそれでも同じコトを繰り返します。
それは、今までと同様に人やモノが動くということなので、今までと同様の原価は掛かります。
なので、そういうことを言っても条件は変わることはありません。
それでも、企画は通りやすくなり、出版への目標は、間違いなく近づくはずです。
もし、キャンペーンで2000部以上売る自信のある方は、挑戦してみてはいかがでしょうか?
ただし、私の経験上、2000部はかなり大変だと思いますが…。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング




 編集プロダクション
 編集プロダクション@Facebook
 編集プロダクション@Twitter
 出版プロデュース
 Amazonキャンペーン
 本のプロデュース
 出版の方法
 出版プロデューサー
 出版コンサルティング
 出版コンサルタント