出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

カテゴリ:書籍が全国書店で発売

2010年2月10日

テーマ:書籍が全国書店で発売

アメブロで夢をかなえ隊!の応援を開始します

いよいよ、中嶋茂夫さん がお書きになった『アメブロだからできる  パワーブロガーになって夢を叶える方法』のキャンペーンが2月12日から始まります。

アメブロだからできる パワーブロガーになって夢を叶える方法/中嶋 茂夫
¥1,554
Amazon.co.jp

それに先だって、担当編集者として、キャンペーンの応援を開始したいと思います。

今回の書籍が誕生するきっかけは、8月11日に大阪で田渕さん中嶋さん西田さん岡村さん 、そして、 の五人で会食したところから始まります(それぞれの日記からその後の展開が面白いですね)。

本来は、岡村さんとの出版の話しが目的の会食だったのですが、中嶋さんと私は、この会食がきっかけでアメブロを始め、今があります。

その出版の話しも紆余曲折し、結果的に中嶋さんが執筆することになり、この本が生まれました。

この記事 にも書いてありました。

この本ができあがるまでにも、『トワイライト監禁事件 』に始まり、『中嶋さん失踪事件 』や私のこの記事 に慌てて電話をいただいたり、『中嶋さん入院事件 』と続き…まぁ、本当に最後の最後までバタバタしたので、思い入れは強くなるばかりですね。

本当に、これほど原稿以外のコトでバタバタした本はありませんから。

そして、やっと、来週の2月17日に書店に並びます。

本を手にしたら、泣いてしまうかもしれません(爆)

と、まぁ、私の思い出話しを書いていてもしょうがないので、最後にこの本のおすすめポイントを書きます。

それは、前代未聞の病院のベッドの上でiPhoneを使って執筆した『おわりに』です。

この『おわりに』だけは必読です!!

今まで数多くの書籍を担当してきて、こんなにも気持ちの入った『おわりに』を読んだことがありません。

内容も紹介したいところですが、ネタバレになってしまいますので、これぐらいにしておきますが、『おわりに』だけのためにでも買う価値は十分ありますよ。

ということで、キャンペーンは2月12日~2月15日です。

詳細はこちら

アメブロだからできる パワーブロガーになって夢を叶える方法/中嶋 茂夫
¥1,554
Amazon.co.jp

本人が見た後にこっそり追記:

なお、今回のキャンペーンでは、私も音声対談に協力させていただいたのですが、なかなか特典として紹介されないのは内緒です。

怖くて聞けないのですが、少し調子に乗りすぎたのでボツになったのでしょうか…。

そうか!書いた原稿がバッサリ切られると、こんな感覚なんですね。

ということは、中嶋さんの原稿をバッサリいった復讐か?

あ~、やっぱり、怖くて聞けない…。

最後は『中嶋さんの特典抹殺事件』で締めるという落ちでした。

いや、もしかしたら、まだ何かあるかもしれませんね。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2010年1月25日

テーマ:書籍が全国書店で発売

中江哲夫さんの『セルフマーケティング』が発売されます

私がプロデュースした、中江哲夫さんの『セルフマーケティング』がC&R研究所から発売されます。

セルフ マーケティング 自分のポジションを”無理せず”高める実践術/中江 哲夫
¥1,470
Amazon.co.jp

中江さんとの出会いは、約1年前に開催された出版セミナーでした。
当時は、パーソナルブランディングが注目されはじめた頃で、ブランディングの企画は通りやすい時期でした。
(その3ヶ月後には、たくさんの方々からブランディングの企画書が届きましたが、すでに手遅れでした)

今回は企画自体が“旬”のテーマなので、企画書を作り込むより、企画を通した後に内容を詰める流れに切り替え、早々に企画を通したのです。
中江さんの場合、元々商品の広告、マーケティングをやられていた方で、その手法を人のブランディングに転用するという企画でしたので、比較的差別化もしやすく、出版社の食い付きも良かったのを覚えております。

ただ、問題なのはここから…。
内容を詰める段階になった時点で、テーマ以外の全てを白紙に戻し、再検討することになったのです。
文字のQ数から、1行当たりの文字数、1ページあたりの行数、周りの余白スペース、デザイン、版型、色、誌面構成、読者ターゲット、構成…これらを一つずつ積み上げました、
1冊分できあがっては修正し、また1冊分できあがっては修正しを繰り返しました。
そうやって、この本は完成したのです。

私の記憶が正しければ、企画を通したのは2009年3月なので、10ヶ月の期間を要したことになります。
なかなかこれだけの期間を費やす書籍は珍しいです。

ちなみに、当初、『セルフブランディング』という書名だったのですが、商標登録が発覚し、『セルフマーケティング』に変更されました。
カバーも完成していた、本当に入稿直前に発覚したので、『ブランディング』と『マーケティング』の文字数が同じだったことに救われました。

今回の事例は珍しい事例ですが、何かテーマに光るモノがあれば、企画書を作り込むより、企画を通した後に内容を詰める流れに切り替えることも可能ということです。
現在、作業中のこの方の企画もどちらかといえば、このパターンですね。

なお、今回はアマゾンキャンペーンなどは行いませんが、ブランディングの無料相談を受けられるようなので、興味がある方は、是非、お読みいただけたらと思います。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2009年12月28日

テーマ:書籍が全国書店で発売

富崎省吾さんの『日経225ミニ自動売買ロボット作成マニュアル』が発売されます

私がプロデュースした、富崎省吾さんの『日経225ミニ自動売買ロボット作成マニュアル 』がC&R研究所から発売されます。
以前、この記事 で紹介した品を変えてできた本です。

つまり、『FX自動売買ロボット作成マニュアル』の第二弾ということになります。
実は、富崎さんは、インフォカートのみで自分で作った自動売買プログラムを販売しており、それを私が見つけて今回の書籍の執筆をオファーいたしました。

しかし、この本にはとくにバックエンドは用意されませんが、日経225の自動売買はトレイダーズ証券でしかできないサービスということもあり、そのトレイダーズ証券から声がかかり提携話も進んでいるようです。

個人でも出版というツールを持つことで、こういうこともできるという良い事例なのではないでしょうか。

富崎さんは佐賀県の方ですが、打ち合わせと入校前の2回ほど上京いただきました。

それ以外は、とくに距離を感じることもなく、スムーズな進行でした。

今回は、とくにアマゾンキャンペーンなどは行わないようですが、興味がある方は、是非、お読みいただけたらと思います。

日経225ミニ自動売買ロボット作成マニュアル―トレイダーズ証券の「トレードスタジアム」で作る最…/富崎 省吾
¥2,730
Amazon.co.jp

FX自動売買ロボット作成マニュアル/山口 孝志
¥2,730
Amazon.co.jp
この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング




 編集プロダクション
 編集プロダクション@Facebook
 編集プロダクション@Twitter
 出版プロデュース
 Amazonキャンペーン
 本のプロデュース
 出版の方法
 出版プロデューサー
 出版コンサルティング
 出版コンサルタント