出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

カテゴリ:書籍が全国書店で発売

2018年7月25日

テーマ:書籍が全国書店で発売

山下あきこさんの『やせる呼吸』が発売されました

私がプロデュースした、山下あきこさんの『やせる呼吸 脳科学専門医が教えるマインドフルネス・ダイエット』が二見書房から発売されました。
山下あきこさんは初めての出版です。

そして、只今、まさにアマゾンキャンペーンを展開中~

 

キャンペーンの詳細はこちら

 

 

今回は、著者である山下さんが、脳科学専門医ということで決まった企画。
テーマも話題のテーマですし、テイストとしても売れている本があり、スムーズに決まった方だと思います。

ただ、さすがに脳科学専門医。原稿執筆もマイペース(笑)
締め切りギリギリでようやく脱稿という、なかなかスリリングな進行でした。

でも、書かれた原稿を読むと、さすが脳科学専門医という感じで、かなり骨太な内容です。
「呼吸だけで痩せるかよ!」と思う人も多いと思いますが、なかなかどうして…。
是非、ご一読いただけたらと思います。

内容はいいので、読んでもらえたら喜んでもらえるはず。
しかし、内容が良ければ売れるわけではありませんからね。

それなりに苦労して完成させましたので、これで売れてくれなきゃ報われません…。

そして、只今、まさにアマゾンキャンペーンを展開中~

 

キャンペーンの詳細はこちら

 

 

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2018年6月5日

テーマ:書籍が全国書店で発売

永吉真夕さんの『しなやかな暮らし』が発売されました

私がプロデュースした、永吉真夕さんの『四季に寄り添い、心と体を整える しなやかな暮らし』がつた書房から発売されました。
永吉真夕さんは初めての出版です。

そして、只今、まさにアマゾンキャンペーンを展開中~

 

キャンペーンの詳細はこちら

 

 

真夕さんと出会ったのは、昨年の2月に熊本で開催された出版実現セミナーの時でした。
その時は、主催者である東友加さんの勧めで参加されており、まだ出版なんて遠い世界のお話しという感じだったと思います。

その後、4月から開催されたひごスタにも参加してくださり、一歩ずつですが自分のやっていることを棚卸をしていく中で、今回の企画へとつながるものに気づかれました。
誰でも自分のやっていることのその凄さに気づくことはできません。
だからこそ、こういう場で棚卸をして、まわりとシェアをしながら、その価値に気づいていくんです。

実際、このひごスタからはもう一名がすでに出版されておりますが、その方もひごスタでのワークを通して気づいたと言ってくれてます。
そして、さらに二名の出版が決まりましたからね。
ひごスタ恐るべしです。

 

 

でも、本当に大変だったのは、出版が決まってから…。

原稿の書き方が分からなかったり、文字が足りなかったり、なかなか図が思いつかなかったり…とにかく初めてのことですから、分からないことばかりだったと思います。
それなのに、急な対応を余儀なくされたりと、なかなか気が抜けない日々だったのではないでしょうか?

最後の最後までバタバタでしたが、ご家族の協力もあり、何とか完成!
よく踏ん張ってくれました。

本が完成したら、今度は販促。
著者はまだまだ休む余裕はありません。

仲間のみんなとも話し合いを重ね、万全を期して挑む予定だったAmazonキャンペーン。
しかし、Amazonのシステムトラブルでやむなく延期…。

本当なら、ここで糸が切れてしまうかと思いきや、このことすらも前向きに受け止めてくれて、みんなだもう一度やり残したことはないかと見直し、ふんどしを締めなおして、このAmazonキャンペーンです。

ここまでの頑張りを考えたら、何が何でも総合1位を取ってもらいたい。
そして、心の底から「お疲れ様!本当に頑張りましたね」って労いたいところですが、あと1日は我慢して、心を鬼にして尻を叩き続けます。

まだまだ頑張れ!真夕さん!!

 

 

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2018年4月26日

テーマ:書籍が全国書店で発売

城市奈津子さんの『人気のカウンセラーになる教科書』が発売されました

私がプロデュースした、城市奈津子さんの『人気のカウンセラーになる教科書』が二見書房から発売されました。
城市奈津子さんは初めての出版です。

 

 

城市さんが出版に至るまでには、いろいろなコトがありました。
詳しくは、出版が決まった時のこちらの記事をお読みください。

ただ、実は出版が決まってからも、いろいろあったのです。

出版が決まり、京都で打ち合わせも済ませ、後は書くだけという状態で年末を迎えました。
原稿の締め切りはたっぷり取って、2月末。

で、その締め切りちょっと前に原稿の進捗を確認したら、まさかの第一章のみ…。

この時は、さすがに嫌な汗が出ました。
ここまできて中止になったら出版社にも合わす顔もありませんので、そこから完全サポート体制で毎日のようにメッセージでやり取りしながら、何とか書き上げていただきました。
思い返せば、ご自身のお仕事もあったとは思いますが、10日ぐらいろくに寝ないで対応してもらいました。

だったら、最初からちゃんとやってよ~と思ってしまいますが、土壇場になれば誰しも火事場のクソ力じゃないけど、超人的な能力を発揮するものです。
そして、そういう追い込まれた環境だから出てくる言葉もあります。

今回の本は、私にとっても、城市さんにとっても首の皮一枚ではありながら、しっかり最後まで辿り着いたという意味では、思い出深い一冊になったと思います。
いろいろな意味で、自信がもてた一冊なんじゃないでしょうか?

本ができたら、あとは売るだけです。
ここから販促が始まると思いますので、頑張っていきましょう!

 

 

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング




 編集プロダクション
 編集プロダクション@Facebook
 編集プロダクション@Twitter
 出版プロデュース
 Amazonキャンペーン
 本のプロデュース
 出版の方法
 出版プロデューサー
 出版コンサルティング
 出版コンサルタント