出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

カテゴリ:戦略的出版セミナー情報

2018年2月21日

テーマ:戦略的出版セミナー情報

出版実現合宿in大阪

週末は、出版実現セミナーに参加したされた人だけが参加できる出版実現合宿でした。

この出版実現合宿は何かというと、一人ひとりとコンサルをして、その人に最適な書籍を一緒に考え、出版企画書をその場で書いてもらっては添削をするというのを繰り返し、最後には私がヒアリングしながらでも合宿中に仕上げるというものです。

今回は参加者がお一人だったので、ガッツリとコンサルさせていただきました。

 

 

まずは、その方のビジネスモデルをお聞きして、そこを整え、集客の導線をシンプルにして、そこにつながる企画を考えます。
ある程度、方向性が見えたところで、一緒に書店に行き、元棚を確認し、類書のチェックをしながら、切り口を研ぎ澄ましました。

 

 

あとは企画書を書くだけという状況で夕食です。
飲みながら、主催者の中嶋さんの意見を伺いながら、並行してウェブ戦略も組み立てていきます。

夜は、各自部屋に戻ってクールダウン。
一回冷静になって、再度、自分の企画を見つめ直します。

二日目は、朝食をとったらスグにお部屋に集まり、企画書を書き始めます。
書いては添削というのを繰り返し、最後の仕上げは私が…。

企画書を完成させた時点で、打ち上げも兼ねたランチです。

 

 

美味しいお酒をいただきながら、今後の段取りを打ち合わせて解散です。

ここまでガッツリ関わったので、企画が通る気しかしません。
早く出版社に売り込みたいところですが、ウェブとの兼ね合いもありますので、まずはそちらの進捗待ちです。

何度やっても、熱い合宿になりますね。
来月は名古屋なので、どうなるのか楽しみです。

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2018年2月16日

テーマ:戦略的出版セミナー情報

熊本で『出版実現セミナー』が開催されます

東京以外に住んでいると、出版できないと思われている方も少なくありません。
実際、出版社のほとんどが東京にありますので、そう思われる方がいらっしゃっても仕方ないと思います。

しかし、現実は、そんなことありません。

実際、弊社で47都道府県中28都道府県から著者を輩出しております。

問題は、本気で出版したいと思っているかどうかと、正しい出版への道を知っているかです。

今はまだ出版する内容を具体的に考えていないかもしれませんが、準備の段階から正しい出版への道を知っていれば、準備の“質”が変わってきます。

弊社の出版実現セミナーは出版実現率が極めて高いのが自慢です。

しかも、今年から受講料が値上げしました。
出版実現セミナーは、1万5000円から2万円へ。
出版企画勉強会は、5000円から1万円へ。

もちろん、その分出版実現セミナーの時間を13時~17時だったのが、10時~17時に変更し、出版企画勉強会をプレゼン方式からグループコンサル形式に変更にしたことが理由ですが、私のセミナーの出版実現率への自信の表れでもあります。

今までの内容でもかなりの出版実現率だったのですが、年末に福岡で開催された出版実現セミナーで、実験的にこの方法で開催したら、参加された9人のうち、すでに3人の出版か確定しております。
もうすぐ決まりそうなのが、もう2人いますので、かなりの出版実現率向上と言えるのではないでしょうか?

私のセミナーは、とくにバックエンドがあるわけでもなく、この出版実現セミナーと出版企画勉強会に参加するだけで、出版社への売り込みまで面倒見ますからね。
つまり、弊社から出版された方は、皆さん、受講料しか支払わずに出版できているわけです。
(中には高額なバックエンドがあったり、買取の強要などもあったりしますからね)

なので、受講料は値上がりしましたが、その金額以上の成果が出るように内容を大幅に見直しておりますので、大いに期待していただいて構いません。
絶対に後悔はさせませんよ~

では、なぜ、ここまで出版実現率を誇れるかというと、私自身が出版業界の中にいる人間なので、選ぶ側の考え方を熟知していることに起因します。

他にも出版セミナーを開催している方はたくさんいらっしゃいますが、ほとんどの方が著者さんが自分の出版経験を語られているだけなので、再現性がないんですよね。
それなのに、高額なバックエンドに誘導するという…もはや、ぼったくりですよ。
そもそも出版業界の選ぶ側の考え方を知らないわけですから、セミナー受講者に合った出版への道筋を話すことができないのは、当たり前です。

つまり、そんな出版セミナーに参加しても、出版を実現させるのは難しいでしょう。

このセミナーでは、本気で出版したいとお考えの方に、企画提案の考え方が根本から変わるような出版業界の基礎知識、出版社の考え方や求められている企画などについてお話しいただします。

もちろん、企画の切り口の見つけ方や具体的な出版企画書の書き方もお教えいたしますので、セミナー受講後に自分だけの力でも十分に出版すことも可能です。

「まだ出版は先の話し」とお考えの方も、私の話しを聞いて準備を進めるのか、聞かずに準備を進めるのかで、出版を決意してから実現するまでの時間を圧倒的に短縮することができます。

では、整理します。

 

■熊本開催
日時:3月2日(金)、3日(土) 10:00~17:00
場所:熊本 国際交流会館
定員:20名
料金:3万円

※当日は、懇親会(実費負担)も予定されております

 

お申し込みは、こちらから

 

一日目は、座学で出版業界や出版するということについて、出版企画書の書き方、出版社への売り込み方についてを学んでいただきます。
二日目は、自分が出版したい内容を出版企画に落とし込むためのグループコンサル、その内容で実際にその場で出版企画書を書いていただきます。
完成しなかった場合でも、完成までメールで完成するまでサポートいたしますので、ご安心ください。

 

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2018年1月30日

テーマ:戦略的出版セミナー情報

【東京開催 第二弾!】出版企画勉強会in東京

翌日は出版企画勉強会です。
出版企画勉強会も値上げに伴い、プレゼン方式だったのをグループコンサル形式へ内容を変更しました。
実際、年末の福岡開催の時に実験的にやってみたら、思いのほか効果的だったので、採用した次第です。

 

 

内容が変わっても、出版企画を考えるプロセスは一緒です。

本は出せばいいという訳じゃありませんので、何のために出版するのかを考え、そのためにどんな本を出版するべきかを考えるという逆算的な思考が必要になります。

ビジネスにつなげるとは言え、リストを集めて一気にバックエンド商品を売りつけたり、テレビ出演や講演家デビューのような一過性のうわっついたことを狙うのであれば、私じゃない人を紹介します。
私の場合、しっかりと読者と信頼関係を築き、5年、10年後もビジネスにつながる本づくりを目指しているので、ちょっと思考が違うんですよね。

まぁ、そこを踏まえて、皆さんの想いやスキルを引き出し、落としどころを見つけるための勉強会です。

中には思い描いていた企画とは全く違う企画になった人や、落としどころに納得されていない方もいらっしゃったかもしれませんが、私が押し付けた訳ではなく、ヒアリングの結果なので、そういう人は、無理に今すぐ出版しなくてもいいということだと思います。

弊社の場合、著者から着手金をいただくわけではないので、何が何でもスグに出版させたいわけではありませんので、その人にとっての最善を考えてアドバイスできるのが強みです。
まぁ、出版したい気持ちが先行して、タイミングじゃないのに出版される方もいらっしゃいますが、そういう人の多くが幸せな著者人生をおくれてません。

何を優先して考えるのか…そこがポイントだったりするわけです。

あとは、私のアドバイスを元に企画書をお送りいただけたら、無償で出版社へ売り込みを行いますので、ちゃんと送ってくださいね。
送らずに終わってしまったら、もったいないですよ。

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング




 編集プロダクション
 編集プロダクション@Facebook
 編集プロダクション@Twitter
 出版プロデュース
 Amazonキャンペーン
 本のプロデュース
 出版の方法
 出版プロデューサー
 出版コンサルティング
 出版コンサルタント