出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

カテゴリ:戦略的出版セミナー情報

2018年7月5日

テーマ:戦略的出版セミナー情報

7月15日&16日に東京で開催される出版実現セミナーは愛新覚羅ゆうはんさんが主催してくれます

7月15日&16日に東京で出版実現セミナーを開催してくださいます。
主催者は、すでに著者でもある愛新覚羅ゆうはんさんです。

 

 

 

 

 

 

彼女の本は、全て私がお手伝いをさせていただいた訳ではありませんが、「まわりの出版したいという人たちに出版の正しい情報を」「出版という夢をヘンな人に利用されないように」という想いがあり、詐欺的出版プロデューサー撲滅のために活動している私にオファーをいただいた感じです。

実際にこんなに出版している人でも、そう思ってしまうぐらい、世の中に詐欺的出版プロデューサーって多いですからね。
(これだけ出版していても、自分で出版セミナーをやりださないあたりはさすがですね)

私の出版実現セミナーでは、出版に対するメリットだけではなく、リスクやデメリットなどもお伝えし、その上で出版業界に仕組みや編集者の考え方を解説します。
そして、それを前提とした実践的な出版企画書の書き方と出版社への企画の売り込み方を紹介します。

よく、「山田さんはビジネス書とパソコン書だけなんですよね?」と聞かれますが、そんなことはありません。
恋愛本だって、健康本だって、レシピだって、鉄道本だって受け入れ可能ですからね。
実績だって、ちゃんとあります!

たぶん、小説やエッセイ、詩集、絵本といった文芸系以外であれば、どんなジャンルでも大丈夫なので、安心してご参加いただけたらと思います。
セミナーの詳細に関しては、こちらの記事をご覧ください。

 

 

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2018年5月29日

テーマ:戦略的出版セミナー情報

【福岡&熊本遠征 第二弾!】出版企画勉強会in福岡

翌日は出版企画勉強会です。

今回は人数が多かったので、午前中から開催。
この出版企画勉強会では、それぞれがどんな企画で出版するべきかをブラッシュアップする会です。
やりたいことが明確な人はすぐに終わるし、そこが明確でないと時間がかかる場合もあります。
すべては、それぞれ自分の中に答えがあるんです。

それでも1日に10人以上の企画をまとめていくわけですから、血圧が上がるぐらい情熱を注ぎ込みます(笑)

 

 

中には、ブラッシュアップした結果の企画に納得されない人もいらっしゃいますが、私がそういう企画がいいと言っているのではなく、やりたいことを実現するためにはこういう企画しかないですよねってことなんです。

そこを理解できない人は、結局、出版したいだけ…。

それではいい本にはなりませんし、出版後にその本を可愛がることもなくなってしまいます。
今まで、そんな著者を散々見てきましたからね。

あとは、落とし込めた企画で企画書を書いたら送ってください。
その企画書が完成して、はじめてスタートラインに立ったことになりますので、参加しただけで満足しないでくださいね。

今回は、翌日、熊本に移動ということで、そのまま宿泊だったので、当然、打ち上げへ。
さらに企画を詰めたり、参加された方との積年の誤解が溶けたり、今後の展開を話し合ったり…。
有意義な時間です。

さらに打ち上げから参加してくださった時枝さんとサシ飲みで二次会。
時枝さんは、私が何冊もプロデュースしております。

 

 

公私共々仲良くさせていただいておりますが、これから何か一緒にできたら面白いですね〜ということで、いろいろな可能性を模索して終了。

今後の展開が楽しみですね。

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2018年5月28日

テーマ:戦略的出版セミナー情報

【福岡&熊本遠征 第一弾!】出版実現セミナーin福岡

先週は水曜日から土曜日まで、福岡と熊本に出張してきました。

今年に入って、出版実現セミナーがワンデーセミナーになりましたので、移動も早朝から。
本当であれば、福岡空港でラーメン滑走路の制覇まで残り2店舗まできたので、そこを攻略したいところですが、朝早すぎて1店舗も攻略できず…。

なくなく会場に向かい、10時からセミナースタートです。

「何となく出版してみたいなぁ~」「出版できるなら、こんな本がいいなぁ~」という想いを胸に参加された人が多かったようですが、本というのは著者がひとりで作り上げるものではありません。
著者が原稿を書き、それを編集し、レイアウトして、校正して、修正して、データとして完成したら、紙を用意して、印刷して、製本して…と多くの人たちの手を介して完成するのです。
つまり、本は著者だけのものではないということ。

そして、出版社は本を作るコストを負担して、本を作り、それを販売して、その利益で回収するというビジネスモデルです。
出版というと意識しなくなる人が多くいらっしゃいますが、出版はビジネスです。
ビジネスである以上、何が求められるのか。
そこを理解すれば、出版することはそれほど難しいものではありません。

逆に言えば、ここが理解できるかどうかなわけです。

セミナーでは、じゃあ、それを踏まえて、どうすればいいのかをお話しさせていただいております。

 

 

セミナーが終わったら懇親会。
もうここからが本番といってもいいぐらい、濃い話しを包み隠さずお話ししながら、より皆さんが等身大の出版というものを理解できるようにと思っています。

 

 

大好きな鉄なべ餃子の後は、これまた大好きなラーソーメンのお店で二次会。
この頃になると、もう出版の話しを含めた仕事関係の話しはどうでもよくなり、いろいろな話題で盛り上がりました。

それにしても皆さん、10時から17時までセミナーを受講して、そこからずーっと飲み続けるって、どれだけタフなんですか!(笑)
そして、翌日の出版企画勉強会に続きます。

 

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング




 編集プロダクション
 編集プロダクション@Facebook
 編集プロダクション@Twitter
 出版プロデュース
 Amazonキャンペーン
 本のプロデュース
 出版の方法
 出版プロデューサー
 出版コンサルティング
 出版コンサルタント