出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

カテゴリ:戦略的出版セミナー情報

2018年11月26日

テーマ:戦略的出版セミナー情報

【札幌遠征】コミュニティビジネスの始め方勉強会

三連休は札幌でセミナーに登壇させていただきました。
内容は、『コミュニティビジネスの始め方勉強会』ということで、コミュニティの作り方についてです。

このセミナーは、城岡崇宏さんとのコラボセミナーです。
前半は城岡さんによるコミュニティのコンセプト作り、後半で私が実際にコミュニティを作る実践編という流れのはずでした。

しかし、私の話しを組み立てる上で、どうしてもコンセプトの話しも重要だし、その前の前提認識も理解していただく必要があり、急遽、城岡さんと私のそれぞれのコミュニティの考え方と作り方という内容になってしまいました。

城岡さんのコミュニティのコンセプト作りはとっても重要なことです。
このコンセプト作りで人が集まるかどうか、継続できるかどうか決まるといっても過言ではありません。
そのコンセプト作りについて、図解で分かりやすく解説していただけました。

 

 

私はというと、ひとつに固執せず、いっぱい作って考えていこうよ的な発想で、効率的にビジネスにつながるグループの考え方についてお話ししました。
“風吹けば桶屋が儲かる”的な発想で考えると、いろいろなコミュニティができますからね。

 

 

実は、城岡さんのコミュニティの考え方と私のコミュニティの考え方は、鶏が先か卵が先か論争に似ています。
コンセプトを作り込んで、それに共感した人を着実に集めていくのか、それとも楽しそうなコミュニティを作って人が集まったら、そこからコンセプトに落とし込んでいくのか…という感じです。

どっちが正解ということではなく、両方とも重要な考え方で、目的に応じて使い分ける必要があります。

セミナーが終了したら懇親会。
セミナーでは、私のことを知っている人がほとんどいないというアウェイな雰囲気だったので、懇親会で交流できて本当に楽しかったです。
その後、私のわがままで二次会までお付き合いいただき、本当にありがとうございました。

 

 

翌日からは小樽・札幌・新千歳空港で食い倒れツアーを決行し、お腹がはじけんばかりに美味しいものを食べて帰京しました。

また皆さんとお目にかかれたら嬉しいです。
皆さんがどんなコミュニティを運営していくのか、楽しみにしています。

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2018年10月23日

テーマ:戦略的出版セミナー情報

【東京開催 第二弾!】出版企画勉強会in東京

翌日は出版企画勉強会です。
会場は同じく選書する書店フォルケです。

この出版企画勉強会では、参加者ひとりひとりからどんな本を出版したいのかをお聞きして、その企画を出版するためにどうすればいいのかをディスカッションしていきます。

出版は著者の想いを押し付けようとしても相手には届きませんし、読者不在の企画で出版しようなんて言語道断です。

そもそも出版というのは、出版社の編集者からオファーをうけてするもの。
何とかなった人だから出版できるのであって、出版してどうにかなろうというのはおこがましいというのが、私の考え方。

なので、今、やられているビジネスがちゃんとまわっている人は、お客様のニーズをよく分かっているので、企画もすぐにまとまります。
ただ、逆にはじめたばかりの人なんかだと、企画をまとめあげるとっかかりがなかなか見つからないので、まずは先にビジネスをまわるようにするアドバイスをしております。

 

 

この会は出版したい人が、ちゃんと出版して幸せな著者人生を歩めるようにするための勉強会です。
なので、私から企画を提案することはほとんどありません。

だって、出版って大変だもん…。

誰かに言われた企画だと、たとえ出版は決まったとしても、原稿を書くという産みの苦しみを乗り越えられなかったり、本が出た後に売る努力をしなかったりしますからね。
なので、きちんと自分のリスクで自分の出したい本を出さして上げられるように知恵を絞りだすんです。

あとは、どれだけの人がちゃんと企画書を送ってきてくれるかですね。
企画書の添削までが受講料に含まれていますから、企画書を送らないともったいないですよ。

 

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2018年10月22日

テーマ:戦略的出版セミナー情報

【東京開催 第一弾!】出版実現セミナーin東京

週末は都内で出版実現セミナーを開催していただきました。
今回の会場は、五反田にある選書する書店フォルケです。

出版したいと思ったら、出版企画書を書いて、出版社に売り込めば出版はできると思っている人がほとんど。
でも、出版をするというのは、そういうものであはありません。

出版社の編集者がチェックしているところは、何も出版企画者だけではないということです。

じゃあ、どこをチェックしているのか? というところから、出版をするのに必要な準備について、そして、採用される出版企画書の書き方についてお話ししています。
これで、出版したいと思ってから、実際に出版するまでの流れをすべて再現性の高い実践的なノウハウが理解できるはずです。

出版したい人を集めて、何十万も取って、何か月も通わせる意味が分かりません。
まぁ、高額搾取するための方便として、期間と回数通わせる必要があるってことなんだと思いますけどね。

 

 

セミナーが終わったら懇親会です。
懇親会では、セミナーで一方的に私の話しを聞かされていたので、皆さん、堰を切ったように話しだします。
質問や感想、それを踏まえてどんな本を出版しようと思っているのかという熱い想いをいっぱい聞かせていただきました。
さらに私がゼロプロについて、いじられるという…(滝汗)

 

 

そして、翌日の出版企画勉強会に続きます。

 

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング




 著者コミュニティ
 絶対出版コンサルティング
 著者ビジネス
 出版企画書の書き方
 著者デビュー
 出版プロデュース
 出版コンサルティング
 出版プロデューサー
 出版コンサルタント
 著者との交遊録
 出版の方法
 商業出版の方法
 出版実現コンサルタント