先日、一冊、出版が内定しました。

著者は東京の出版実現セミナーに参加された榎本元 さんです。

その後、出版勉強会にも参加されたのですが、決まった企画はそこで立てた企画ではありません。

弊社の場合、編集プロダクションでもありますので、こちらで立てる企画ばかりではなく、出版社の方から依頼される企画もあります。

その場合、私の知り合いやセミナー受講者の中から、そのテーマが書ける人、そのテーマで出版することで仕事にプラスになる人という観点で著者候補を選定します。

今回は、その結果、榎本さんにお願いすることにしたということです。

榎本さんとは、出版後の本の活かし方についてもすでに打ち合わせ済みですので、この出版を機会にして大きく飛躍されることを期待しております。

ちなみに、先日出版が決まった谷田貝孝一 さんも、今回決まった榎本さんも、青山華子 さんが主宰されているうれせんの受講者さんです。

実は、先日、うれせんにお邪魔したのですが、とっても意識レベルの高い皆さんでした。

あれだけのメンバーだと、これからどんどん出版する方が出てくるかもしれませんね。

楽しみ、楽しみ。