本日、一冊、出版が決まりました。

著者は、大阪の出版実現セミナーに参加された鬼追善久さんです。

ただし、その時の出版勉強会には参加されませんでした。

そもそも、この方 の紹介なので、出版実現セミナーに出て、出版勉強会出ずに出版を決めるというところまで同じパターンです(笑)

それでも出版が決まる理由はこの記事 に書いてあります。

懇親会で、お酒を呑んで、くだを巻いてるだけのようにしか見えないかもしれませんが、実は、しっかりと、各人から何が書きたいのか、何が書けるのか、だけではなく、趣味嗜好を含め、性格や人間性、考え方などまでヒアリングしているんです(なので、私のセミナーは懇親会に来ないともったいないですよ~とか、言ってみたりして)。

今回も、その時の懇親会でヒアリングしていたネタと、他の懇親会でヒアリングしたネタを合わせて、ひとつのシリーズとして売り込んだ結果ですからね。

そういう、単体では難しい案件でも、他の案件と抱き合わせにして売り込むということができるのも、弊社が高い出版実現率を誇る理由のひとつと言えるでしょう(力業とも言いますが…)。

ちなみに、この記事 をなぞって書くと“鬼編集”vs“鬼追さん”という感じでしょうか?(笑)

せっかくセミナーきっかけで企画が決まったので、今後のセミナーの開催予定を書いておきます。

よろしければ、是非、ご参加くださいね(リンクになっていないのは、告知がこれからのセミナーです)。

9月23日 出版実現セミナー in 名古屋

10月15日 出版実現セミナー in 京都

10月29日 出版実現セミナー in 福岡