先日、二冊まとめて出版が決まりました。

著者は、どちらも田村憲孝 さんです。

田村さんはすでに著書をお持ちですが、次の出版を目指して、大阪で開催した出版勉強会 に参加されました。

決まった企画は、どちらもそこで作成した企画をベースにした企画です。

30分で達人になるフェイスブック (青春文庫)/田村憲孝
¥650
Amazon.co.jp

やはり、一冊でも著書があると話しが早い。

田村さんの場合、出版後も積極的にセミナー講師を引き受け、地道に販促活動を行っていたため、出版社の心象も良かったです。

出版社の心象が良い著者というのは、かなりのアドバンテージになりますね。

そういう著者は、あの方みたいに、お願いしてでも書いてもらいたいという感じになるんですね(あの方はそれでも書かないけどね…orz)。

ちなみに、内容はソーシャルメディアとクラウドコンピューティングです。

どちらもハック系のビジネス書で売れてるテーマですが、意外にハック系のパソコン書はほとんどありません。

しかも、いろいろなサービスをまたいだ連携したテクニックを解説した本となると皆無に近いです。

つまり、ハック系のビジネス書を読んで実践したくても操作が分からないという状況なんですね。

ニーズはあるのに本が無いのですから、そこには参入余地があるということになります。

“ソーシャルメディア”も、“クラウドコンピューティング”も、書名に使うにはなかなか危険なキーワードですが、それをどう料理するかは編集者の腕次第というところもありますので、出版社の編集者と一緒に知恵を絞って頑張りたいと思います。

なかなかワクワクする本作りになりそうです。