私が出版販促コンサルタントである山本豊さんと一緒に立ち上げたオンラインサロン『出版した本を売るための販促研究会【ブクラボ】』での奇数月恒例の定例会でした。

初回は飲み会でしたが、何だかお酒を呑んでガヤガヤする感じの会でもありませんので、お食事会に変更。
美味しいものをいただきながら、しっぽりとお話しする感じです。

で、コンセプトを替えて最初のお店は、有楽町にある広東料理のお店『慶楽』。
食通で知られた池波正太郎や吉行淳之介、井上ひさし、開口健ら文豪に愛された名店で、美味しい広東料理に舌鼓。
もちろん、池波正太郎がよく注文していたという『豚肉絲炒麺(豚肉トモヤシヤキソバ )』、吉行淳之介がよく注文していたという『蠔油牛炒麺(カキ油牛肉ヤキソバ)』も〆にいただきました。

主宰者の二人はリアル書店攻略のプロとネット書店攻略のプロ。
しかも、いろいろな出版社の営業部や編集部に出入りしているので、そこで得られた情報で問題ないレベルのものをシェアさせていただきました。

さらに参加者の皆さんは全員が著者さんなので、それぞれの販促活動のシェアをしていただきました。
それぞれが工夫をして、その成果があった部分だけをシェアしあい、それぞれの販促活動に生かしてもらって、また次回にその報告をシェアしてもらう…そんな情報のスパイラルが生まれたら、いいなぁ〜と思ってます。

今回はすっかり写真を撮るのを忘れてしまったので、何だからストイックな記事になってしまいましたが、とっても楽しかったです。

これからも、オンラインサロンとリアルでの交流を繰り返しながら、この著者ネットワークを広げていけたらと思います。

 

『出版した本を売るための販促研究会【ブクラボ】』に興味があるかたはこちらをご覧ください

 

ちなみに、このコミュニティは、自分の本を宣伝してもらいたい人や一気にノウハウを学びたい人には向きません。