東京以外に住んでいると、つい出版なんてできないと思われている方も少なくありません。
出版社のほとんどが東京にありますので、そう思われる方がいらっしゃっても仕方ないと思います。

しかし、現実は、そんなことありません。
実際、弊社で47都道府県中28都道府県から著者を輩出しております。

問題は、本気で出版したいと思っているかどうかと、正しい出版への道を知っているかです。

今はまだ出版すること自体、現実味がないもしれませんが、本当に地方にいても出版できる現実を知ることで、準備の“質”が変わってきます。
その結果、着実に商業出版実現に近づくでしょう。
そのためにも、まずはこの出版実現セミナーに参加して欲しいのです。

弊社の出版実現セミナーは、高いとか、厳しいとか言われます…(笑)

確かに二日で3万円というのは、他と比べても、決して安いセミナーではないと思います。
でも、他の出版セミナーというのは、ほとんどがフロントセミナーとなっており、その後ろには高額なバックエンドサービスが控えております。
しかし、私のセミナーはバックエンドサービスがあるわけでもなく、二日間参加するだけで、出版企画書が完成するまで何年でもメールでサポートしてますし、出版企画書が完成したら、出版社への売り込みまでが費用に含まれております。

なので、東京までセミナーを受けにいく交通費や宿泊費、その後のサービス内容を考えたら、間違いなく、ウチよりコスパのいい出版セミナーは他にはありません。
(高いというのは、他の出版プロデューサーがやっているフロントセミナーとの比較ですからね)

また、厳しいというのも、理由があります。
出版を実現するには、著者の企画力と販売力が必要な時代となりました。
私としては、他の出版プロデューサーのように買い取りなどを強要したくないので、できる限り、企画力だけで出版を実現させてあげたいと思っています。

ということは、企画は考えるけど、リスクをすべて出版社に持っていただくわけですから、生半可な企画で出版させるわけにはいきません。
結果、企画をブラッシュアップしていく過程で厳しいコトを言わざるを得ないということです。
(競合にも「山田さんのことろは、費用の総額は安いけど、厳しいよ」と言われているようです。他に言うことがないって…汗)

まぁ、それだけに出版実現率が極めて高いのは当たり前なわけです。

では、なぜ、ここまで出版実現率を誇れるかというと、私自身が出版業界の中にいる人間なので、選ぶ側の考え方を熟知していることに起因します。

他にも出版セミナーを開催している方はたくさんいらっしゃいますが、ほとんどの方が著者さんが自分の出版経験を語られているだけなので、再現性がないんですよね。
それなのに、高額なバックエンドに誘導するという…もはや、ぼったくりですよ。
そもそも出版業界の選ぶ側の考え方を知らないわけですから、セミナー受講者に合った出版への道筋を話すことができないのは、当たり前です。

つまり、そんな出版セミナーに参加しても、出版を実現させるのは難しいでしょう。

このセミナーでは、本気で出版したいとお考えの方に、企画提案の考え方が根本から変わるような出版業界の基礎知識、出版社の考え方や求められている企画などについてお話しいただします。

もちろん、企画の切り口の見つけ方や具体的な出版企画書の書き方もお教えいたしますので、セミナー受講後に自分だけの力でも十分に出版すことも可能です。

「まだ出版は先の話し」とお考えの方も、私の話しを聞いて準備を進めるのか、聞かずに準備を進めるのかで、出版を決意してから実現するまでの時間を圧倒的に短縮することができます。

では、整理します。

 

■山形開催
日時:9月21日(金) 10:00~17:00
場所:ホロニック2F(山形県山形市馬見ケ崎4-7-15)
定員:12名
料金:2万円

※当日は、懇親会(実費負担)も予定されております

 

お申し込みは、こちらから

 

一日目は、座学で出版業界や出版するということについて、出版企画書の書き方、出版社への売り込み方についてを学んでいただきます。
二日目は、自分が出版したい内容を出版企画に落とし込むためのグループコンサル、その内容で実際にその場で出版企画書を書いていただきます。
完成しなかった場合でも、完成までメールで完成するまでサポートいたしますので、ご安心ください。