先日、一冊、出版が内定しました。

著者は、福島、熊本で開催された出版実現セミナーにご参加いただいた光井さゆりさんです。
先日、お知らせした落合さんと同じ回の参加者さんです。

さゆりちゃんとはじめて出会ったのが二年半前。
福岡で開催した『出版を目指す人のためのブログ&Facebookセミナー』です。
そもそも本好きのさゆりちゃんでしたので、いつか来るであろうその時のために我ごとのように聞いてくれてました。

その半年後に郡山で出版実現セミナーで再会。
この時に立案された企画では、そもそも語る資格がなく、私が「その本を書きたいと本気で考えているのであれば、まずは結婚するのが先でしょ~」とアドバイスしました。
実は、そのアドバイスを実直に聞いて、その日の夜に結婚が決まったんだとか…。

 

 

そして、翌年の2月に再び出版実現セミナーを受講。
その頃になると、たんに自分の書きたいことではなく、自分の持っているリソースの中から、読者の役に立てそうな内容で企画を考えられるようになってました。
でも、その企画では読者にとってのハードルが高く、難しい…。
そこで私が逆に企画を提案したのですが、それを受け入れるためには、かなり自分と向き合う必要があったようです。

 

 

それを何とか受け入れ、自分の軸を定めると、そこからはトントン拍子に自分のブランディングを固められました。
同じ頃に始まったひごスタでは、積極的に皆さんのサポートかって出てくれたり、横山摩弥さん、永吉まゆさんのAmazonキャンペーンでも技術的なサポートを担当してくれて、本当に感謝です。

 

 

結婚式では、スピーチまでさせていただきました。

 

 

そして、今年には出産もされたのにも関わらず、子連れでひごスタの二期にも参加してくれて、授乳させながら受講してくださっています。

 

 

そして、紆余曲折いろいろありましたが、無事にこうして出版が決まりました。
思えば、すべてのことが、この出版につながっていたように思います。

本ができ上るのは少し先ですが、時間をかけてしっかりと原稿を書き、手に取ってくる読者に喜んでいただける本に仕上げていきましょう。
これから産みの苦しみが待っていますが、出産を乗り越えたさゆりちゃんならしっかりと乗り越えてくれそうです。

これからもガッツリとフォローしていきますので、頑張っていきましょう!!