先週は水曜日から土曜日まで、福岡と熊本に出張してきました。

今年に入って、出版実現セミナーがワンデーセミナーになりましたので、移動も早朝から。
本当であれば、福岡空港でラーメン滑走路の制覇まで残り2店舗まできたので、そこを攻略したいところですが、朝早すぎて1店舗も攻略できず…。

なくなく会場に向かい、10時からセミナースタートです。

「何となく出版してみたいなぁ~」「出版できるなら、こんな本がいいなぁ~」という想いを胸に参加された人が多かったようですが、本というのは著者がひとりで作り上げるものではありません。
著者が原稿を書き、それを編集し、レイアウトして、校正して、修正して、データとして完成したら、紙を用意して、印刷して、製本して…と多くの人たちの手を介して完成するのです。
つまり、本は著者だけのものではないということ。

そして、出版社は本を作るコストを負担して、本を作り、それを販売して、その利益で回収するというビジネスモデルです。
出版というと意識しなくなる人が多くいらっしゃいますが、出版はビジネスです。
ビジネスである以上、何が求められるのか。
そこを理解すれば、出版することはそれほど難しいものではありません。

逆に言えば、ここが理解できるかどうかなわけです。

セミナーでは、じゃあ、それを踏まえて、どうすればいいのかをお話しさせていただいております。

 

 

セミナーが終わったら懇親会。
もうここからが本番といってもいいぐらい、濃い話しを包み隠さずお話ししながら、より皆さんが等身大の出版というものを理解できるようにと思っています。

 

 

大好きな鉄なべ餃子の後は、これまた大好きなラーソーメンのお店で二次会。
この頃になると、もう出版の話しを含めた仕事関係の話しはどうでもよくなり、いろいろな話題で盛り上がりました。

それにしても皆さん、10時から17時までセミナーを受講して、そこからずーっと飲み続けるって、どれだけタフなんですか!(笑)
そして、翌日の出版企画勉強会に続きます。