土曜日は、福岡で開催されている起業家のためのweb戦略実践塾『ビズトレ』で登壇させていただきました。
テーマは「見込み客に!刺さる!申し込みたくなる!小冊子の作り方」です。

小冊子とはいえ、本ですからね。
そりゃ、現役編集者として、お伝えできることは五万とあります。

最近では、小冊子をダウンロードさせる替わりにメールアドレスを集めるという手法が主流となっておりますが、多くの人がしっかりとリストを集められておりません。

その理由は簡単です。

メールアドレスを登録するということは、その後にいろいろと鬱陶しい売り込みがあることを知っていますからね。
ようは、その鬱陶しさと小冊子の魅力を天秤にかけて勝てていないというだけの話し。

ということは、鬱陶しさを凌駕するほどの魅力的な小冊子を作るためには、何を考え、どんな下調べをして、その価値をいかに言語化し、それをどう打ち出せばいいのか…みたいなことをお話しさせていただきました。

 

 

たんに自分の書ける内容で作るのではなく、自分の書ける内容をいかに料理するのかです。
自分目線から、読者目線へ。

まぁ、ひと言で言ってしまえば、そういうことなんですけどね。

セミナー終わりは、もちろん、懇親会。
毎回、思うのですが、福岡の夜は長い…。
一次会、二次会、三次会…と続き、ホテルにチェックインしたのが3時ぐらいでした。

 

 

翌日は、主宰者の三澤由紀恵さんのご厚意で、セミナー参加者の有志で門司港へ。
地ビールをいただきながら、郷土料理に舌鼓。
とっても楽しい時間を過ごしました。

 

 

ただ、帰りが飛行機の時間ギリギリで、何とか無理を言って、乗せてもらったものの、なんと悪天候のため出発が30分遅れるという…。
まぁ、そんなこんなでバタバタでしたが、無事に帰京することができました。

また12月におじゃますることになっておりますので、皆さん、よろしくお願いいたします。