私がプロデュースした、高木鉄平さんの『短期間でやる気を引き出す! 個人面談』がつた書房から発売されました。
高木鉄平さんは初めての出版です。

そして、只今、まさにアマゾンキャンペーンを展開中~

 

キャンペーンの詳細はこちら

 

 

高木さんは、出版実現セミナーに3回参加して、やっと決まりました。
一回目は、自分なら出版できるだろうという感じの佇まいで参加され、撃沈…。
二回目は、まだまだ参加したいという気持ちだ全面に出しつつの参加で、撃沈…。
三回目になって、やっと読者を意識して、自分がそこに提供できる価値に気づき、決定!

出版は著者が自分のためにするものではありません。
「名刺代わりに出版しましょう!」などと寝ぼけたことを言っている出版プロデューサーは何人もおりますが、私はそういう考え方を全否定しています。
だって、あなたの名刺を作るのに出版社がお金を出す理由がよく分かりませんし、本来ただで配られるはずの名刺をお金を出して買わされる読者の気持ちを考えたら、そんな本を出させるわけにはいかないと考えるからです。

なので、自分が持っているコンテンツを誰に伝えたら価値が出るのかを見極め、しっかりと定価以上の価値を読者に提供できるものに昇華できるまでは、私はお手伝いしないことにしています。

実際、高木さんがセミナーに参加する度に、自分目線だった出版がやっと読者目線になったということで、この出版が決まりました。
自分の価値観を根底から変えていくというのは、かなりの葛藤もあったと思いますが、よく乗り越えてくれたと思います。

だからこそ、出版社へも胸を張って企画を売り込めましたし、今、開催されているキャンペーンでも自信を持って皆さんにおススメできます。

この出版に至るまでの心の変化をこれからも変わらずに胸に抱いて、著者人生を歩んで欲しいと思います。

これから出版を目指す人には、是非、この本を読んでみて、著者の覚悟を感じてもらいたいものです。

 

キャンペーンの詳細はこちら