翌日は出版企画勉強会です。
出版企画勉強会は、それぞれのビジネスを聞きながら、どんな本を出版するべきなのかを精査していきます。
書きたかったことで出版した方がいい場合もありますし、全く違う企画にした方がいい場合もあります。
なので、時にはビジネスモデルから見直す場合も…。

今年からグループコンサル形式へ変更したので、私からどんどん質問を投げかけ、その答えから糸口を見つけていきます。
自分のビジネスモデルが確立されていて、どうなりたいかが明確だと、スグに企画がまとまりますが、そのどちらかが脆弱だとそこの見直しからしなければなりません。

できあがった企画で書けるならすぐに企画書の作成に進みますし、実績がまだないのであれば先に実績を作ることをおススメしております。

 

 

出版は、あくまでも、出版してどうにかなるためのものではなく、どうにかなった人だから出版できるんです。
無責任な詐欺的出版プロデューサーにそそのかされて参加される人もいらっしゃいますが、ウチではこの考え方に合わない人はお断りをしています。

だって、その先で本人も、出版社も、読者も幸せになれないですからね。
私だけが荒稼ぎをするのなら、それでも構いませんが、まだまだこの仕事を続けていきたいので、そこの考え方は譲れません。

何とか全員の企画の方向性が見えたので、あとは企画書を書いてお送りいただけたら、無償で出版社へ売り込みを行いますので、ちゃんと送ってくださいね。
送らずに終わってしまったら、もったいないですよ。