先日、一冊、出版が内定しました。

著者は私のブログデザインでおなじみのあめまり (本岡毬穂)さんです。

あめまりさんと初めてお会いしたのは、何と、共同出版の説明会に行こうか相談されたのを慌てて止めたのがきっかけです。

今では懐かしい思い出ですね(笑)

当時、中嶋 さんのアメ本の企画は決まっていたものの、まだ発刊前だったので、アメ本が売れるかどうかも分からないタイミングでした。

ただ、アメ本を売り込んだ感触でアメブロはテーマとしてはなかなか厳しいことは分かっていたので、「中嶋さんの本の売れ行き次第だと思います。中嶋さんの本が売れて、アメブロに関する情報の市場が見えたら、必ず、チャンスはあるはずです。」とアドバイスしました。

そして、アメ本が発刊、即増刷、さらに怒涛の増刷を繰り返し、あっという間に5刷です。

市場が確認されたので、やっと売り込みを開始しました。

ただ、カスタマイズとなると、それでもなかなか厳しかったです。

アメブロユーザーの中で、さらにカスタマイズしたい人がターゲットになりますので、アメ本より市場が小さいのは確実で、あとはどれぐらい小さいかがポイントでした。

そこで、いろいろな資料を用意したのですが、最終的にはあめまりさんの実績を見て、「これは凄い!」ってことになって決定です(私の苦労が…)。

さらに、今回はアメ本で実績のある中嶋さんに、彼の一番の専門分野であるSEOの章を書いてもらえることになったので、これで最強コンボの完成です。

中嶋さんもあめまりさんのファンのようなので、この一冊はどんな化学反応が起きるか、今から楽しみです。

それにしても、アメブロのカスタマイズをビジネスにされている方は多いように思うのですが、カスタマイズの本を書きたいと具体的に言って来られた方は意外にもあめまりさんだけです。

決して楽ではありませんが、出版を目指すのはタダですから、もったいないですよね。