週末に横浜で出版実現セミナー&出版企画勉強会を開催させていただきました。
横浜の主催は、愛新覚羅ゆうはんさんです。

愛新覚羅ゆうはんさんとは、かなり昔に知り合いっているのですが、彼女の著書三冊ともに一切関わっておりません(笑)
それなのに、こうしてセミナーを主催していただけて、本当にありがたい話しです。

今回は、愛新覚羅ゆうはんさんが主催したということもあり、参加者は全員女性。
ただでさえ、男性が多い私のセミナーなので、このシチュエーションは、逆にこっちが緊張してしまいます。

まぁ、それでも伝えるべきこと一緒。
いつものように、出版業界の仕組みから悪徳出版プロデューサーの実態、出版企画書のつくり方と出版社への売り込み方、そして、最後にこれから著者になる人への心構えをお伝えしました。
私の話しを聞いたら、誰でも出版できると思えるはずです。
もちろん、だからといって、出版を目的に軽い気持ちで出版したらいけないことも理解できることでしょう。

そう思えたら、出版に対して主体性をもって取り組めます。
主体性を持たずに、相手依存の形で出版してしまうと、ろくなことになりませんからね。
そういう著者をたくさん見てきましたので、皆さんには、絶対にそうなってもらいたくないと思います。

 

14724654_1305778089456542_1529154740244852422_n

 

セミナー後は、懇親会。
お酒が入れば、トークがさらに盛り上がります。
とくに地方が悪徳に狙われているという話題は興味深かったですね。
私も、もっともっと遠征して、皆さんを悪徳出版プロデューサーからお守りするべく頑張らなくてはと、気合いを入れ直しました。