出版実現セミナーの翌日は、出版企画勉強会。

そもそもの企画がダメだった場合、どんなに苦労して出版企画書を書いても無駄ですからね。
そうならないためにも、事前にどんな内容で出版したいのかを発表してもらい、商品価値の高い切り口を見つけてもらってから、出版企画書に落とし込んでもらいます。

ただ、その手前で出版する目的を聞くと…

「広告宣伝になればいいかなぁ〜」
「セミナー主催者に「著書はないんですか?」と言われたから」
「知り合いに「出版してよ〜」と言われたから」

えっと〜(滝汗

本を出版するためには、出版社が原価を負担してもいいと思える商品力が必要です。
つまり、どうやって出版社のリスクをヘッジしてあげるかということになります。

しかし、そこに意識がいき過ぎる結果、買い取りや印税免除、費用負担などをしいたげられた上に、売れない薄っぺらい本を出版することになるんです。

出版でお金を出すのは読者ですよ。
出版社も原価を負担はしますが、それはあくまでも立替です。
本を売って、読者が支払ったお金を回収して最終的にプラスにしていきますからね。

しかも、読者が支払うのはお金だけではなく、本を読むための時間もです。
そこも含めた上で、それを上回る価値提供をしなきゃ出版することの意味なんてありません。

そういうコトを踏まえて、商品力のある企画を考えなくっちゃいけないということです。

 

14495375_1255427914502621_2942115250886123451_n

 

勉強会後は、かつて参加したセミナーで同じグループだったメンバーと再会。
いろいろなお話しで盛り上がりつつ、いい報告もできて、とっても素晴らしい時間を過ごすコトができました。

 

14488878_680752345416308_1014662135_o

 

ちょっとしたご縁ではありましたが、こうして再会して、語り明かせる仲になるのですから、ご縁って素敵ですね。