二日目は、出版勉強会。
いつもなら、定員8名なのですが、めったに来れない仙台だったということもあり、16人を二部制に分けて開催いたしました。

出版は、何も考えずにしたって意味がありません。
むしろ、出版したら何とかなると思っている人ほど、出版して不幸な著者になる確立が高いです。

いつも申し上げておりますが、「何とかなるために出版するのではなく、何とかなったから出版できるんです」ということです。

そのために、何のために出版するのか、そのためにどんな内容なら出版できるのかということを、全員でディスカッションをしながら、ひとりひとりブラッシュアップしていきます。

参加者の多くが、出版できそうな企画を考えがちなので、そこの是正をするところからですね。

途中、コンビニ弁当で昼食をとりながらの二部制。
16人をぶった斬り(笑)

終わった後は、有志で打ち上げ〜

なのに、写真を1枚も撮っていないという…。
つい夢中になってしまい、忘れてしまうんですよね〜

まぁ、それでも、すぐにでも出版できそうな企画もいくつかありましたので、早く企画書を送っていただけるのを首を長くして待つとしましょうか。
参加された皆さん、よろしくお願いいたしますね。