先日、一冊、出版が内定しました。

著者は、東友加さんです。
東さんは、東京で開催された出版実現セミナーに参加されました。

最初の企画からは随分変わってしまいましたが、個人的にはかなりしっくりときていると思っています。

出版実現セミナーに参加された翌日、出版企画勉強会で最初に考えていた企画は木っ端微塵。
その時に喧々諤々やりながらも方向性がやっと決まった程度でした。

実は、出版企画勉強会に参加後、1ヶ月半ぐらい企画書が届来ませんでした。
私はてっきりもう諦めたのかと思いきや、その間、私のブログを何度も読み直し、紹介してくださった菊地スミエさんにチェックをしてもらい、満を持して提出したんだとか。

その甲斐あってか、企画書は二、三回の添削で完成。
今回、無事に企画が決まりました。

かなり頑張って決まりましたし、週末の出版実現セミナーをお手伝いしてくださっていたこともあり、菊地スミエさんと一緒にその場でサプライズ発表をすることに。

私の出版実現セミナーを参加してくださった人なら分かると思いますが、一番厳しい話しをするあのタイミングの直後に、それを乗り越えた人ということで発表させていただきました。

あの重苦しい空気が、一転、祝賀ムードに(笑)

 

13322004_491440444381436_5902650308780713141_n

 

ただ、その後も笑顔が少ない東さん。
嬉しくないのかと思いきや、出版するということの責任をしっかりと感じてくださっていたようです。

うん、その気持ちがあれば、全く問題ないでしょう~
私もしっかりサポートしますから安心してください!