私がプロデュースした、たかはしあやさんの『minneで売れっ子ハンドメイド作家になる本』がソシムから発売されました。

じつは昨年末にすでに発売されています。
前作も好調でしたが、この本も出だし好調のようです。

 

minneで売れっ子ハンドメイド作家になる本/ソシム
¥1,598
Amazon.co.jp

 

昨年の7月下旬に前作を発売し、瞬く間に8刷り。
その甲斐あって、すぐに二冊目が決まりました。

今回は、前作でサクッとしか紹介できなかったminneに特化した本です。

前作の続編的な位置づけで二冊目を考えると、一冊目に買ってくれた読者が買ってもらいやすくなります。
そうすることで、二冊目の初速がつきやすくなるということです。
これは、複数冊を出版していこうと思っているのなら、絶対に意識しておくべき視点です。

そして、売れている著者が矢継ぎ早で本を出版すると、相乗効果で前作も売れ続けます。
二冊をシリーズっぽくすることで、並べて置いてもらえる可能性も高まりますなので、尚更ですね。

出版を目指す場合、もちろん一冊を完結させて、その上で完成度を高めなければ、売れることはありません。
だからといって、全てを出し尽くしてしまい、すぐに次の手を打てないというのも考えものだということです。

前作と一緒に読むことで、そのあたりのさじ加減がよく分かると思いますよ。

 

minneで売れっ子ハンドメイド作家になる本/ソシム
¥1,598
Amazon.co.jp