先日、一冊、出版が内定しました。

著者は、森川美奈さんです。
森川さんは、先日、出版が決まった中尾亜由美さんと同じ回に参加されました。
本当は、十分にスピード出版だとは思うのですが、中尾さんのスピード出版ぶりが凄すぎて、あまりスピード出版感がありません…。

弊社の出版実現セミナーは、参加後にFacebookグループでフォローしております。
そのグループでは、永続的に質問などが自由にできたり、最新の出版事情を聞けたり、出版社から「こういう本を書ける人いませんか?」というオファーをいち早く見ることができたりします。
今回は、まさに出版社からの「こういう本を書ける人いませんか?」というオファーに手を挙げて決まりました。。

実は、私の中ではすでに森川さんの出版戦略はできております。
今回の一冊目の決まり方は、こういう感じではございましたが、やるべき人がやることになったということです。

本当であれば、Jimdoの本やWixの本を出版させるべきだったのかもしれませんが、既刊本が売れていません。
これは、JimdoやWixに人気が無いからということではないんです。
本という特性上、こういう場合に立てる企画のアプローチといいのがあります。

はい、セミナーでも話している“効果で企画を立てる”というやつです。
今回の企画は、まさにピッタリのアプローチなんですよね。
あのアプローチでJimdoやWixが紹介されたら、本の読者からすりゃあ目から鱗が落ちるっちゅー話しです。

そして、この内容で売れたら、当然、二冊目ではあの企画を狙っています。
むしろ本丸は、そっちですね。
スムーズにそこへリーチするためにも、この企画は森川さんにやっていただきたかったんです。

まぁ、まだ結果が出ていない状況なので言葉を濁しますが、今回の企画が売れて、次につながった暁には、今、思い描いている戦略を全て書こうと思います。

ということで、まずは原稿執筆を頑張っていきましょう~