先日、一冊、出版が内定しました。

著者は、天野裕之さんです。
天野さんは、先日、出版が決まった岩田麻奈未さんと同じ回の出版実現セミナーに参加されました。

今回の企画は、私にとっては原点回帰的な企画。
昔、得意としていた副業系のジャンルですからね。

よくよくFacebookで天野さんを見ていると、かつて出版のお手伝いをさせていただいた面々がほとんどつながっていたという…。
やはり、世の中、狭いです(笑)

今回は、ブランディングにつながる出版と仕事につながる出版、この狭間で、なかなかうまく企画に落とし込めなかったのですが、落とし込んでからはあっという間に決まりました。

私は、一緒にお仕事をする相手の条件に“素直”というのを入れています。
信用してくださって、私のいうことをしっかりと聞いてくれたら、ちゃんと出版できる企画に落とし込むのは難しくはありませんからね。

ただ、どうしても、あれもこれもと詰め込みたくなるのも著者の性ですけどね。

でも、こうして企画が決まった以上、ここからはぶれることなく、一直線に突っ走りましょう。
ここから本当の意味での産みの苦しみですからね。

私もしっかりサポートしますので、頑張っていきましょう~