毎月第四水曜日に開催される『東京ビジネス勉強会 江戸スタ
10月の午後の部のテーマは、高くても売れる価値をつくるブランディング。

ソーシャルメディアの普及により、“ブランディング”という言葉がよく使われるようになりました。
しかし、本当にその“ブランディング”という言葉は、正しく使われているのでしょうか?
“ブランディング”とは、何も偉そうに見せたり、凄そうに見せることではありませんよ。

しっかりと顧客ターゲットのニーズを満たす自分の価値をしっかりと伝えることです。
そして、そうすることで、自分自身が選ばれる存在となります。

しっかりとブランディングすることで、例え、競合が多かろうと、価格競争に巻き込まれることはありません。
ただし、そうなるためには、しっかりと戦略を立てなくてはなりません。

そこで、今回は、あの小澤歩先生をお招きして、高くても売れる価値をつくるブランディングについてお話しいただきます。

 

お店の売上を倍増したいならお金をかけずにアイデアで勝負する! ―販促ウエポン100/商業界
¥1,728
Amazon.co.jp

 

小澤先生は、販促の専門家でもありますが、販促を成功させるためにはブランディングは欠かせない要素です。
つまり、ブランディングの専門家でもあるということになります。
小澤先生のブランディング戦略の立て方は、私も何度か聞いてますが、本当に分かりやすく、再現性が高いノウハウですからね。

高くても売れる価値をつくるブランディング!

顧客視点で小さいビジネスでも選ばれるブランディングの戦略を一緒に作りましょう。
価格競争に巻き込まれ、薄利多売になりがちな人にこそ、是非、参加していただきたい内容です。

では、詳細になります。

■第9回 江戸スタセミナー(午後の部)
日時:10月28日(水) 14時半~16時半
会場:ソレイユ・新宿
(東京都新宿区百人町1-18-10 太陽堂ビル7F)
定員:14名
会費:8000円(二回目以降5000円)
※セミナー後は近くでお茶会(実費負担)を予定しています

 

セミナーの参加申し込みはこちら