出版の最短コースは、人脈を作ることというのは有名な話しですね。

では、その人脈をゼロから作る方法と言えば、編集者が参加している交流会、セミナー、パーティに行って、その編集者と名刺交換をすることです。

以前、こんな記事を書きました。

そういう場で渡す名刺は、非常に重要なのです。

私自身、シンプルな名刺が好きで、いろいろ工夫されている名刺は苦手だったのですが、自分が出版セミナーなどをやるようになって、考え方が変わりました。

名刺交換直後の沈黙が嫌で話すネタを探すのですが、名刺がシンプルな人の場合はとても苦労しますし、名刺にフックになることが書いてある人とは次の人のコトを忘れるぐらい話しますし、印象にも残ります。

では、どういう名刺がいいのかは、この本に書いてあります。

たくさんのアイデアと名刺作成ソフトも付いているので、すぐに作れますよ。

1秒で10倍稼ぐありえない名刺の作り方/高木 芳紀
¥1,575
Amazon.co.jp

この本は、実は私が編集を担当したのですが、著者の高木さんとはじめてお会いしたのは、つい先日なんです。

実は、いろいろ工夫されている名刺は苦手ということもあり、最初はあまり興味の無い企画だったのです。

でもこの本を担当して、工夫次第ではちゃらけた感じにしなくても、自分をアピールすることはできるというこが分かりました。

この本との出会いと自分がセミナーをする立場になって、本当に名刺の大切さを知りました。

ちなみに、この本は発売して1年以上経ってます。

リアル書店ではあまり売れていないのですが、ネット書店ではコンスタントに売れているという珍しい書籍です。