出版は、書籍が刊行されたら終わりではありません。
いや、むしろ、出版は書籍が刊行されてからの方が重要ですと言うべきかもしれません。

勝間和代さんも「私は本については、書く努力の5倍、売る努力をするということを決めています」とおっしゃっています。

一冊目の時に本を売るということの重要さを知らずに、その後、ご苦労されている著者さんも多いかと思います。
逆にはじめての出版に挑む過程で周りから「アマゾンキャンペーンをやりなさい」と言われ不安になっている方も多いことでしょう。

そこで、今回は、弊社で今までに仕掛けた出版マーケティングについて、その目的から実際の段取りまでをキッチリとお話しします。

せっかく出版という大きな夢を実現するのですから、そこに関わった全ての方に幸せになっていただきたいですし、著者である本人にも二冊目、三冊目へとつなげていただく著者になってもらいたいとおもいます。

しかも、今回は特別に一冊目に売らなかった方のための再チャレンジの方法やリブランディングの方法などもお話しする予定です。
なので、一冊目で失敗してしまった著者さんにも参加していただいて、売ることの重要性を再認識していただき、二冊目につなげてもらう場にしていただけたらと思います。

今まで弊社でプロデュースした著者の方だけにアドバイスをし、他の方には「いくら払っていただいても出版マーケティングについてのアドバイスはいたしません」と頑なに断ってきました。

しかし、最近、あまりにもアマゾンキャンペーンに傾倒し過ぎている方が多い気もしますし、アマゾンキャンペーンの本質を理解していない方が増えてきたと感じております。

実際、アマゾンキャンペーンについてはやりたがる方が後を絶たない一方、「アマゾンキャンペーンなんてくだらねぇ」とおっしゃる方もいらっしゃるぐらい、アマゾンキャンペーンは賛否両論です。
そして、残念なことに賛成派も否定派も、アマゾンキャンペーンの本質を理解されていらっしゃらない方が非常に多過ぎます。

ただ、今回はアマゾンキャンペーンの話しばかりをするわけではありません。
リアル書店戦略についてもお話しします。。

今回は、そのためのコラボセミナーですから。

リアル書店戦略についてお話しいただくのは、実際に大手出版社の営業をされていた山本さんです。
今でも、数々の出版社の営業を代行されているリアル書店戦略のプロフェッショナルです。

そんな山本さんと私で、出版マーケティングノウハウを全て出し切る予定です。

なので、今回はより本気度の高い方のみに聞いていただきたいので、少人数制で開催いたします。
もちろん、録画、録音、撮影、ツイート禁止です。

では、セミナーの詳細についてです。

■名古屋開催
日付:2015年4月25日(土)
会場:栄メンバーズオフィスビル(愛知県名古屋市中区栄4-16-8)
時間:13:30~17:00
会費:1万円
定員:10名
※セミナー終了後は、懇親会を行います(実費負担)

申し込みはこちら

 

■大阪開催
日付:2015年4月26日(日)
会場:日本ペーパーアート協会セミナールーム(大阪市東淀川区西淡路1‐18‐19)
時間:13:30~17:00
会費:1万円
定員:15名
※セミナー終了後は、懇親会を行います(実費負担)

申し込みはこちら