企画書を書くというと、一般には5W1Hをイメージされる方が多いと思います。
しかし、出版の企画書には5W1Hはほとんど必要ありません。
いつ(When)→出版時期は出版社が決めるか原稿の仕上がりによります。
どこで(Where)→本は本屋でしか売られません。
だれが(Who)→企画書を書いた人なので、書くまでもありません。
なにを(What)→書名案で分かりますし、分からない書名案はダメです。
なぜ(Why)→本書の存在意義みたいことで、これは、やや必要です。
どのように(How)→これは、「書く」に尽きます。
では、何が必要かというと、以下のようになります。
なぜ(Why)→先に書きましたが、本書の存在意義です。
誰に(Whom)→読者ターゲットです。
どうやって(How to)→企画の切り口や方法です。
これらの内容が盛り込まれた概要が不可欠となるのです。
具体的に言うと「~なので、●●な方々に、(書名)を××の切り口で解説します」という流れになります。
ここでは、簡単に書きましたが、実際にはもっとふくらませたほうが良いでしょう。