茶谷清志 さんがインフォトップ出版から発刊した『龍馬の如く』の再々増刷が決まったようです。

何故か、出版社からは連絡がありません。

これでも、○○長のはずなのに…。

でも、おめでたいです。

前回の増刷が12月上旬でしたから、またまたスピード増刷です。

(「最初からたくさん刷れよ!」という突っ込みは、こういう時期なので勘弁してくださいね)

以前も紹介しましたが、とにかく著者である茶谷清志 さんは地道に頑張ってくれています。

先日も出版社の方ともお話ししましたが、こういう気概のある著者さんは、売れ行きに関係なく、編者にとっては嬉しい存在です。

そして、今回は大河ドラマの『龍馬伝』がスタートしたことで、少なからず龍馬ブームにも乗ることができたんだと思います。

あとは大河ドラマの人気と書籍の内容次第で、まだ伸びる気がしますので、期待です。