11月21日にカカトコリ師匠 の『出版戦略会議 アマゾンランキング対策編in東京 』に参加してきました。

私は、出版するまでのサポートがメイン業務なので、発売後のこともアドバイスできるようになりたいと思ったのです。

本当は、“編集プロダクションや出版プロデューサーなど、出版関係者お断り”なのですが、カカトコリ師匠 のご好意により、参加のお許しをいただきました。

10:00~16:30という、なかなかの長丁場だったのですが、最後まで集中力が途絶える余裕も無いぐらい濃い内容でした。

感想としては、目新しいテクニックはとくに無く、“王道”の内容です(テクニックを講師として話すのは、信頼を落としますから当たり前ですね)。

しかし、この王道をしっかりと話して、実行させて、結果を出させる方は、そうはいらっしゃいません。

目先のテクニックを求められる傾向が強い昨今において、かなり骨太なお話しでした。

私と同じ考え方の部分と違う考え方の部分があり、とても新鮮でしたが、なによりカカトコリ師匠 の圧倒的な人間性に触れられたことが、何よりの収穫だったと思います(人のことは言えませんが、写真よりもとても優しく、魅力的な方です)。

同じ考え方だったのは、言い回しは違いますが、基本的には以下の3つです。

・出版するなら本気で取り組む → 私の記事

・出版は今までの自分が試される → 私の記事

・出版は普段のビジネスと同じ → 私の記事

※同じ経験もされているようで、このコト は何度もおっしゃってました。

凄く共感できました。私も常々言っていることばかりです。

っていうか、これって本当に肝なので、ここが一致したというだけで、信頼できる方だと思いました。

違う考え方の部分は、出版に対する立ち位置の違いからくる考え方の違いがほとんどですね。

具体的には、記事に書きづらいので、興味のある方は呑みの席ででも聞いてください。

今後は、出版の前と後なので、私ともバッティングしないと思いますし、私が担当する著者さんには、できるだけカカトコリ師匠 のセミナーに出席させようと思います。

最後に、来月の23日に行われる『第3回倶楽部カカトコリ大交流会2009(東京・渋谷)』に参加するつもりです。