出版社は、売れると思い、書籍を発刊します。
書籍を発刊するためには300万円以上の資金を投入しなければなりません。
そして、書籍の売上で、投入した資金を回収し、さらに利益を出さなければ、出版社は潰れてしまいます。
著者の多くは、自分の自己実現のために書籍を執筆します。
自分のブランディングや次の活動への布石であることも少なくありません。
書籍という形に残る形態で残すことが重要視され、その売れ行きへの意識よりも残る形を大切にしている感があります。
かつて、書籍は黙っていてもある程度、売れる時代がありました。
そのため、利益を出してくれる著者や企画は、出版社にとって財産となり、著者の方が力を持った時代が続きました。
しかし、出版不況は続き、書籍はいろいろと工夫をしなくては売れなくなってしまいました。
すると、今度はより利益を追求するために、出版社がいろいろ工夫しなくてはならなくなり、力関係は逆転します。
もちろん、企画進行の敷居は高くなり、より売れるために工夫をしてくるのです。
逆に言えば、その工夫を受け入れない著者は、よほどの企画でないと発刊は厳しくなってきました。
出版社は、利益を出すために、次の二つの方向で工夫します。
●より売れる工夫
●より原価を抑える工夫
書名や帯は前者、紙の質などの仕様は後者に該当する項目と言えるでしょう。
基本的に、書名や帯、仕様は最終決定権は出版社にあります。
出版社の編集者は、上記の二つの方向で工夫をせざるを得ないため、過激な書名や安い紙、色数を減らす提案してきます。
逆に著者としては、自分のブランディングや次の活動への布石として考えると、できるだけ良い書籍にしたい気持ちがあります。
そのため、出版社と著者との衝突が絶えません。
著者としての気持ちは、十二分に理解できるのですが、出版社からすると「あなたのために書籍を発刊するのではありませんし、資金を投入するのは弊社である以上、弊社で売れると思えないのであれば、発刊は中止します」と思うようです(これは実際に言われました)。
これは、昔ながらの意識を継続している著者と厳しい現状に変わらざるを得ない出版社の意識のズレのようにも思えます。
(実際は、昔を知らない著者のほうが多いので、違うとは思いますが…)
ただ、出版社もたんに我を通したいわけではありません。
できるだけ円満に、両者が納得できる形で、売れる書籍を作りたいということが理想です。
なので、著者の意向をできるだけ反映しようとはしてくれます。
あとは著者の方が、自分のブランディングや次の活動への布石というスタンスを表面に出さないで、交渉の際には「こうした方が売れる」というスタンスで提案してくれれば衝突は起きないでしょう。
書名や仕様も、より売れるであろう根拠を説明すれば、出版社も前向きに検討してくれます。
多少、投入する資金が増えたとしても、それ以上の売れ行きが見込めるのであれば、ちゃんと聞いてくれるはずです。
いずれにしても、出版社が著者に投資をしていることを理解して交渉することが重要なのです。
最後に、これは取次の方の言葉ですが、「良い書籍と売れる書籍は違います。そして、売れる書籍こそが本当に良い書籍なのです。」と聞いたことがあります。
これは、決して利益が出るから良い書籍と言っているわけではありません。
多くの人に読んでもらえてこそ良い書籍だという意味です。
逆に、どんなに素晴らしい内容であっても、誰にも読んでもらえないのであれば、その書籍の存在意義はありません。
是非、このコトは、意識するようにしてください。