出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

出版プロデュース実績

ご訪問ありがとうございます。

あなたの商業出版の夢
サポートいたします。

2009年11月25日

テーマ:書籍を出したい

出版のニーズの移り変わり

出版業界においても、歴史は繰り返されます。

例えば、W-ZERO3が売れると、出版社はこぞって本を出します。

最初に入門書、そして裏テク本、次にビジネス活用本…。

次にiPhoneが売れると、また出版社はこぞって本を出します。

最初に入門書、そして裏テク本、次にビジネス活用本…。

そして…。

例えば、mixiが売れると、出版社はこぞって本を出します。

最初に入門書、そして文化論、次に使いこなし本、最後に稼ぐ本…。

次にセカンドライフが売れると、また出版社はこぞって本を出します。

最初に入門書、そして文化論、次に使いこなし本、最後に稼ぐ本…。

そして…。

例えば、株が流行ると、出版社はこぞって本を出します。

最初に入門書、そして大きく儲ける本、次に手堅く儲ける本、最後に手軽に儲ける本…。

次にFXが流行ると、出版社はこぞって本を出します。

最初に入門書、そして大きく儲ける本、次に手堅く儲ける本、最後に手軽に儲ける本…。

そして…。

類似したテーマは、書籍の展開も類似しているということです。

だったら、今、流行っているモノ、流行りそうなモノの類似本を見つけ、その遍歴から、次はどういう本になるか先読みしてみてはいかがでしょうか。

そうすることで、一足先に企画を提案することができますよ。

Android携帯、Twitter、CFDなど、いろいろありますよね。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2009年11月25日

テーマ:書籍が全国書店で発売

原田陽平さんの『副収入を毎月13万円稼ぎ続けるしくみ』が発売されます

私がプロデュースした、原田陽平さんの『わずか90日でできるようになる!!副収入を毎月13万円稼ぎ続けるしくみ 』がインデックス・コミュニケーションズから発売されます。
はい、ご存じの通り、あのシリーズが復活です。

そして、今回は、そのシリーズ復活の第一弾になります。

第二弾は1月発売予定ですが、第三弾はこの本の売れ行き次第で決まります。
出版社側の体制がバタバタしたのもあり、いろいろなことが二転三転しましたが、無事に発刊できて何よりです。

また、執筆時から特典作成、キャンペーン準備まで、本当に妹さんが頑張ってくれました。

今回は、本当に妹さんなくしてはできあがらなかった本だと思います。

彼女の苦労は全く表には出てこないと思いますので、せめて私だけでもねぎらってあげたいと思います。

本当にお疲れさまでした!!

ちなみに、内容はケータイアフィリエイトですが、ケータイサイトを運営している人にも役に立つはずです。
ケータイサイトに興味のある方は、是非、お読みください。

24日から27日まで販売促進キャンペーン を行っているようですので、よろしくお願いいたします。

アマゾン総合ランキング1位になりました!

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2009年11月25日

テーマ:ブログを出版したい

ブログは企画書の代わりになります

もし、ブログを運営しているのなら、出版企画書のプロフィールには、ブログのアドレスは記載しておいた方が良いでしょう。

ブログを読むことで、企画をより深く理解することもありますし、文章力を確認することもできます。

また、新たな別の発見があり、企画が洗練されることもあるでしょう。

そして、何よりありがたいのは、ブログが企画書の内容と同じテーマで書かれている場合、ストック原稿が記事の数だけあるということに判断できることです。

逆に言うと、出版企画書のプロフィールにブログのアドレスを記載するのであれば、出版社の人に見られても問題の無いようにしておいてください。

たまに、出版への本音を書いてらっしゃる方がおりますが、それを出版社の方が見たらどう思うかを考えるべきだと思います。

嘘を書けとは言いませんが、書かなくてもいいことを書く必要は無いということです。

あと、もし、本にしたいテーマと同じテーマでブログを運営している場合、そのブログは企画書の代わりになります。

もちろん、そのまま書籍化することはほとんど無理ですが、本にしたいテーマを伝えるという意味では、ブログはありだと思います(ただし、ブログを見てもらえる関係でなくてはなりませんが…)。

もし出版をされたいのであれば、是非、そういう使い方も想定してブログを運営してみてください。

そうすることで、通常の読者さんにもより分かりやすく、より伝わりやすいブログになるはずですから。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング




 編集プロダクション
 編集プロダクション@Facebook
 編集プロダクション@Twitter
 出版プロデュース
 Amazonキャンペーン
 本のプロデュース
 出版の方法
 出版プロデューサー
 出版コンサルティング
 出版コンサルタント