出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

出版プロデュース実績

ご訪問ありがとうございます。

あなたの商業出版の夢
サポートいたします。

2010年1月10日

テーマ:集中講座:出版企画書の書き方

著者プロフィールを考えよう(出版企画書の書き方06)

企画書の「著者プロフィール」では、執筆するあなたがどういう人間なのかがわからなくてはなりません。

そのためには、まず、著者であるあなたの得意な分野を明確にし、その裏付けを提示します。

その上で、その本の内容を書くに値するだけの説得力を持てるかどうかが重要になります。

まず、あなたの今の肩書きやポジションを明確にしてください。

無名の著者では、読者はその本の内容を信用できません。

しかし、同じ無名でも肩書きに「○○研究家」とか「●●コンサルタント」などの肩書きがあるだけで、何となく信用できてしまうことでしょう。

そういった、読者への説得力は意外に重要で、この肩書きがあるのと、ないのとでは企画の進行可否にも影響します。
もちろん、士業のような資格的な肩書きが理想ですが、自己申告でいえるような肩書きでも構いません。

他にも「元~」といった肩書きでも構いませんし、実績でも構いません。
いずれにしても、ご自身を自らブランディングして、読者への説得力を増すように工夫してみると良いでしょう。
ただし、あまり大げさな肩書きは、逆効果になりますので、注意が必要です。

今の肩書きやポジションを明確にしたら、次は、そこにいたる経緯や経験、実績を整理しましょう。
ここでも、やはり読者への説得力が求められます。

本の内容を書くに相応しい内容になっていることが重要になります。
もし、現在、何か法人や団体を運営しているのであれば、その名前やホームページのURLを書いておくと良いでしょう。
また、実績に関しては、できるだけ数字を出すことをオススメします。

その数字にインパクトがあれば、より企画進行の可能性は高まります。
とくに目に見えた実績が無い場合は、ホームページのアクセス数やブログランキングの順位、メルマガの読者数でも構いません。

とにかく、具体的に示すことが重要です。

最終的に書き上げた著者プロフィールから、あなたの能力、意気込み、信念、信用、優位性などが読み取れ、読者にも興味を持ってもらえる著者であると印象付けることができることが理想です。

たまに、著者プロフィールに写真を貼り付ける方がいらっしゃいますが、それはあまりオススメできません。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2010年1月8日

テーマ:書籍を出したい

著者に求められる能力

出版社の担当編集者には、この人と仕事がしたい、また一緒に仕事がしたいと思わせなくてはなりません。
そのためには、出版社の担当編集者が著者に求めている能力を把握しておきましょう。

出版社の担当編集者が著者に求めている能力は3つです。

○編集力
この企画をこの読者ターゲットに届けるためには、何をどうすれば伝わるのか、どうやって表現すれば伝わるのか、というようなことを考えられる能力です。
そういうことを意識した原稿と、意識しないで書かれた原稿では雲泥の差があります。

○コピー力
直接的にコピー力が必要なわけではありませんが、タイトルや章タイトル、節タイトルは、キャッチコピーのようなものです。
そういうところに光るものがあると、企画は通りやすくなります。

○自己管理力
締め切りの厳守や体調管理など、一緒に仕事をする上で、お互いに信頼関係が作れるかどうかはかなり重要なポイントになります。
打ち合わせの中でも、そういうのはチェックされていると思った方がいいでしょう。

この3つの能力が備わっていれば、著者としてブレがないはずです。
著者のブレは編集者に嫌われますので、注意しましょう。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2010年1月8日

テーマ:集中講座:出版企画書の書き方

読者ターゲット(対象読者)を考えよう(出版企画書の書き方08)

企画書の「読者ターゲット」では、誰を対象にした企画なのか、誰が買ってくれる企画なのかがわからなくてはなりません。

そのためには、市場での読者ニーズをしっかりと捉えることが重要になります。

読者ターゲットをイメージする場合、年齢層や性別、成熟度など漠然としたイメージではなく、属性や意欲などを明確にして、より具体的に絞り込みます。
そして、その絞り込まれた読者ターゲットが、それなりの人数を見込めなくてはなりません。

読者ターゲットを法人などに絞り込むことで、その書籍は経費での購入が可能になります。

経費での購入が可能になるということは、自分のお金を支払うわけではありませんから、比較的、買ってもらいやすくなります。
そのため、法人などを読者ターゲットにした企画は通りやすくなります。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング




 編集プロダクション
 編集プロダクション@Facebook
 編集プロダクション@Twitter
 出版プロデュース
 Amazonキャンペーン
 本のプロデュース
 出版の方法
 出版プロデューサー
 出版コンサルティング
 出版コンサルタント