出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

出版プロデュース実績

ご訪問ありがとうございます。

あなたの商業出版の夢
サポートいたします。

2009年10月21日

テーマ:書籍の企画書の書き方

著者プロフィールの写真は損することはあっても得することは少ない

最近、送られてくる企画書を拝読していると、著者プロフィールに自分の写真を貼ってくる人が非常に多いです。
たぶん、あちらこちらでそういう指導されている方がいらっしゃるんだと思います。
しかし、私は、出版業界で10年以上も活動してきましたが、ただの一度も写真を要求されたことはありません。
逆に、写真の貼ってある企画書を持って行って、苦笑されることは多いですが、それが決め手になったことは皆無です。
で、先日、思い切って、出版社の方に聞いてみました。
「最近、企画書に写真を貼ってくる人って多いですが、あれって企画を検討されるときに何か影響するんですか?」
回答としては、「全く影響しません」とのこと。
ただ、話しをしていて分かったのは、男性と女性で写真の持つ意味が違うということでした。
男性の場合、「この人が書くんだぁ~」レベル。
つまり、写真の効果は全くありません。
逆に、写真があまりにも変な場合、どんなに企画が良かったとしても、それで落とすことはあるそうです。
写真を貼るんなら、ちゃんとカメラマンさんに撮ってもらうべきだと思います。
少なくとも、スナップ写真は厳禁とのことでした。
(確かに、会ったことも無い人のスナップ写真を見させられて、一緒に仕事したいと思わせられるのかは微妙ですよね)
で、女性の場合、重要なのは、やはり“容姿”。
この容姿というのは、カワイイとかキレイというわけでも、担当者の好みかどうかというわけでもありません。
出版社が重要視するのは、“表紙”や“帯”で使って、売上に効果を発揮するかどうかです。
例として適当かどうかは分かりませんが、『専業主婦が年収1億のカリスマ大家さんに変わる方法』は参考になると思います。
ただ、たとえ“表紙”や“帯”で使えるといっても、100点満点中80点の企画書が85点になるぐらいだそうです。
もちろん、男性同様に写真があまりにも変だと、それで落ちることもあります。
つまり、著者プロフィールに写真を貼ることを指導される方も多いですし、それに従い、写真を貼った企画書を送ってくる方は非常に多いのですが、実際は、損することはあっても得することは少ないのです。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2009年10月16日

テーマ:書籍を出したい

出版するテーマを考えよう

自分が書けることで「売れそうなこと」を考えるといっても、容易なことではありません。
そこで、まずは自分自身の経験や実績、知識などを棚卸しをして自分が書けることを整理してみましょう。

このときにできるだけ“モノ”に関することではなく、“コト”に関することを書き出すようにしてください。

その中から体系化されたノウハウや体系化できるノウハウを抽出します。

そこから、次の項目に該当するものをさらに抽出していきます。

・人に認められるぐらい取り組んできたコト
・より楽に、より安くできるコト
・周りに驚かれるコト
・不愉快、不便、面倒を取り除けるコト
・身近な問題で、周りに求められるコト
・今までありそうでなかったコト

次に、抽出されたコトが売れそうかどうかを考えてみます。
最初に考えなくてはいけないことは、自分自身が「こんな本があったらいいなぁ~」と思えるかどうかです。

本を書きたいという一心で、思い入れや思い込み、私利私欲、私情がまじらないように客観的に考えてみてください。

次に考えなくてはいけないことは、その残ったコトに対する一般的な需要です。
似たような本を探してみて、その本の売れ行きなどを見てみても良いでしょう。
売れていれば、需要があるということになります。
需要は、潜在的な需要であっても構いません。

ただし、その潜在的な需要が希薄であれば、本は売れないので、注意してください。

逆に濃い需要であれば、その本は定価が高くても売れる本になります。
普遍的な需要があるのであれば、永く売れる本となりうるでしょう。

ここまでの絞込みでも残ったコトがあれば、そのコトは書籍にする価値があるといえます。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2009年10月15日

テーマ:書籍を出したい

昔は、情報商材から出版できました

2007年の初夏の頃だと思います。

私は、金盛哲二さんという方と異業種交流会で出会ってお話しさせていただいたときに、はじめて情報起業というビジネスモデルをしりました。

それまでは、胡散臭い縦長のホームページで怪しげなPDFファイルを売っている輩がいるぐらいにしか認識していなかったのですが、この出会いをきっかけに真面目に取り組んでいる人がいることも知りました。

その後、この一件があり、私が出版プロデューサーとしてデビューしました。

そして、そんな私に、金盛さんは何人も本を出版したいというお友達を紹介してくれたのです。

その中のひとりが吉田傑さんという方でした。

この方は、成功塾というビジネス塾を主宰されており、自己紹介代わりに成功塾のレジュメとテキストをお持ちいただいたのですが、そのテキストのクオリティがとても高かったのです。

そして、そのままそのテキストを出版社に見せて出版は決まりました。

もちろん、書籍一冊分のボリュームがあったこともありますが、インナーで使われているもので、これだけクオリティが高ければ、そのまま出版が決まる場合もあるということです。

そして、その本が『自分ビジネス 180分起業術』です。

ただ、この出版社が発刊後にすぐに倒産してしまいましたが、売り上げの初速が良かったため、すぐに他の出版社に買っていただき、『自分ビジネス成功ノート』として、再リリースされました。ただし、この出版社も…。

吉田さんと同じ頃、情報起業をはじめ、ネットビジネスに目覚めた私は、ネットビジネスに関連する企画ばかりを担当しておりました。

この『16人の成功事例に学ぶ儲かるネットビジネス』もそのうちの一冊です。

そして、私が担当したわけではありませんでしたが、この書籍の取材でお世話になったのが、モバオクの月野るなさんでした。

この取材のときに「こういう内容で出版したいんですけど…」とご相談いただき、その時にお預かりしたのが情報商材でした。

その情報商材もボリューム、クオリティ共に申し分ありませんでした。

なので、当然のように、あっさりと出版は決まり、この『超図解mini 携帯オークションモバオク』が発刊されたのです。

当時は、まだ情報商材に対する認知も低く、トラブルなども表面化していなかったので、ボリューム、クオリティ共に申し分なければ、出版はそれほど難しい話しではありませんでした。

この後も、しばらくそういう時代が続きました。

しかし、さすがに今となっては、情報商材に対するトラブルも表面化し、出版業界では毛嫌いする人も少なくありません。

なので、たぶんですが、ボリューム、クオリティ共に申し分なくても、出版は難しいかもしれません。

ま、そんな時代もあったというお話しでした。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング




 編集プロダクション
 編集プロダクション@Facebook
 編集プロダクション@Twitter
 出版プロデュース
 Amazonキャンペーン
 本のプロデュース
 出版の方法
 出版プロデューサー
 出版コンサルティング
 出版コンサルタント