出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

出版プロデュース実績

ご訪問ありがとうございます。

あなたの商業出版の夢
サポートいたします。

2010年1月8日

テーマ:書籍を出したい

著者に求められる能力

出版社の担当編集者には、この人と仕事がしたい、また一緒に仕事がしたいと思わせなくてはなりません。
そのためには、出版社の担当編集者が著者に求めている能力を把握しておきましょう。

出版社の担当編集者が著者に求めている能力は3つです。

○編集力
この企画をこの読者ターゲットに届けるためには、何をどうすれば伝わるのか、どうやって表現すれば伝わるのか、というようなことを考えられる能力です。
そういうことを意識した原稿と、意識しないで書かれた原稿では雲泥の差があります。

○コピー力
直接的にコピー力が必要なわけではありませんが、タイトルや章タイトル、節タイトルは、キャッチコピーのようなものです。
そういうところに光るものがあると、企画は通りやすくなります。

○自己管理力
締め切りの厳守や体調管理など、一緒に仕事をする上で、お互いに信頼関係が作れるかどうかはかなり重要なポイントになります。
打ち合わせの中でも、そういうのはチェックされていると思った方がいいでしょう。

この3つの能力が備わっていれば、著者としてブレがないはずです。
著者のブレは編集者に嫌われますので、注意しましょう。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2010年1月8日

テーマ:集中講座:出版企画書の書き方

読者ターゲット(対象読者)を考えよう(出版企画書の書き方08)

企画書の「読者ターゲット」では、誰を対象にした企画なのか、誰が買ってくれる企画なのかがわからなくてはなりません。

そのためには、市場での読者ニーズをしっかりと捉えることが重要になります。

読者ターゲットをイメージする場合、年齢層や性別、成熟度など漠然としたイメージではなく、属性や意欲などを明確にして、より具体的に絞り込みます。
そして、その絞り込まれた読者ターゲットが、それなりの人数を見込めなくてはなりません。

読者ターゲットを法人などに絞り込むことで、その書籍は経費での購入が可能になります。

経費での購入が可能になるということは、自分のお金を支払うわけではありませんから、比較的、買ってもらいやすくなります。
そのため、法人などを読者ターゲットにした企画は通りやすくなります。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2010年1月7日

テーマ:集中講座:出版企画書の書き方

構成案(目次案)を考えよう(出版企画書の書き方09)

企画書の「構成案」では、書きたい内容をどういう順番で説明するのかがわからなくてはなりません。

つまり、書籍の内容をどういう流れで読者に解説するのか、どういう段階を経て目的に到達させるのかという書きたい書籍の設計図です。
筋道を立てて、読者がスムーズに流れを追えるように配慮してください。
実際に本を買うときに、目次を見て買うかどうかを決める人も少なくないでしょう。

その読者の気持ちになって作ることが重要です。

では、早速、構成案を考えてみましょう。

まず、最初に書きたい内容を伝えたいメッセージや達成するステージごとに5つ~7つに分けます。

その上で、説明する順番を考えてみてください。

構成案で一番重要なのは、1章です。

1章は、その書籍の一番最初になりますので、読者をどれだけ引き込めるかという掴み(導入)の位置づけになります。

ここがしっかり作れないと、話しは先に進めなくなってしまいますので、企画を通すことは難しくなるでしょう。
1章に概論を持ってくる方がいらっしゃいますが、いきなり概論があると、読む気がなくなってしまいますので、注意しましょう。

また、いいたいことを最初にまとめて伝えたいという気持ちもわかりますが、どうしてもそれ以降の章との重
複感が出てしまいます。

そして、2章からについては、章タイトルだけでその書籍の流れやどういう段階を経るのかがわかる必要があります。

もちろん、必ずしも流れである必要はありません。

先に書いたように、構成案はその書籍の設計図なので、1章の導入は別にして、2章以降が並列になっていても構いません。
いずれにしても、その構成を見て、本書の内容をどういう流れで読者に解説するのか、どういう段階を経て目的に到達させるのかということがわからなければなりません。

最後に終章です。

終章は、本書のまとめや今後の可能性などになります。

この終章で読者は本書を読み終えますので、気持ちよく読み終えられるように配慮してください。

章構成ができたら、次は各章ごとの節構成を考えますます。

節構成も基本的には同じ考え方です。

その章の内容を読者に理解させるための章の設計図です。
その章の1節目に導入があり、その章で説明することを理解させるための構成にする必要があります。

もし、節構成まで考えられない場合は、各章でどのようなことを解説するのかを文章にまとめてみても良いでしょう。

一通りの構成案ができたら、それを企画書用に加工します。

それぞれの章や節にタイトルを付ける作業です。

読者にとってわかりやすく、手軽で簡単なイメージを持ってもらえるような言い回しに加工してみましょう。

それぞれの章や節にキャッチコピーを付けるイメージで考えてみてください。

全体の言い回しについては、章は章で、節は節で、語尾などの言い回しを統一してください。
章の構成が直列の場合は流れが重要ですが、並列の場合は、語尾や言い回し意外でもある程度の統一感を持たせた方が良いでしょう。

統一感がないと、内容が散漫な印象を与えるおそれがあります。

節タイトルについては、その節で解説することの結論を節タイトルにすると良いでしょう。

結論を節タイトルにすることで、より内容が明確になり、読者が目次を見て、より「読みたい」と思えると思います。

最後に構成案を考える上での注意点を書いておきます。
構成案を考える上で、本書の内容は必ず本書内で完結する必要があるということです。

なかには続編を意識したり、別途、情報商材の購入を促そうとする方もいらっしゃいますが、それは絶対に避けてください。
書籍を買う以上、その書籍で完結していなければ、読者にとって失礼になりますし、そういう企画は、出版社で受け入れてもらえることはありません。

こうして考えると、構成案を考えるということは、一冊の書籍の中身をイメージする必要があるため、一冊の本を書くのと同じと言っても過言ではありません。
でも、ここをしっかり作っておくと、実際に本を書く上では、かなり楽になることも事実です。

大変な作業ではありますが、キッチリやっておきましょう。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング




 編集プロダクション
 編集プロダクション@Facebook
 編集プロダクション@Twitter
 出版プロデュース
 Amazonキャンペーン
 本のプロデュース
 出版の方法
 出版プロデューサー
 出版コンサルティング
 出版コンサルタント