出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

出版プロデュース実績

ご訪問ありがとうございます。

あなたの商業出版の夢
サポートいたします。

2010年1月12日

テーマ:著書の効果的な販促

出版した本を売る方法は気合が基本

著者として、本を発刊したら、売らなければ次はありません。

次のこと以前に、ビジネスとして考えれば、本を売って出版社に応えるのは当たり前のことです。

では、どうやって本を売ればいいのか?

出版した本を売るための細かいノウハウはいろいろとあります。

しかし、本の出版マーケティングは、誰かのマネをしてもなかなか上手くはいきません。

当たり前です。

誰かの真似をした時点で、どこかでみたことのある手法なのですから、注目を集めることができません。

つまり、波及効果が薄くなり、結果、売れないのです。

それでも出版マーケティングには基本があります。

それは、一生懸命やることです。

著者である本人が一生懸命でなければ、誰の心も動かすことはできないので、協力を得ることも難しくなります。

だからこそ、必死になって、一生懸命やらなくてはならないのです。

つまり、本を売ろうと思ったら、誰もやっていないようなコトを考え、一生懸命するということです。

弊社では、弊社でプロデュースした書籍に関してのみ細かいノウハウなんかも指導しております。

本当は、そのノウハウもブログで公開しようと思ったのですが、記事を書いていたら、さすがにマズイと考え直しました。

ちなみに、アマゾンで1億冊を売ったカカトコリ師匠も同じようなコトをおっしゃっています。

いくら高額なセミナーでも話さないぐらい私は出し惜しみしているノウハウですが、師匠は自分のセミナーでお話されております。

私も一度参加させていただきましたが、これから出版を目指す方には必須のセミナーだと思います。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2010年1月12日

テーマ:ブログを出版したい

ブログで本を出版するのは狭き門

先日から、『ブログを書籍化する方法』という連載をはじめました。

ブログのアクセスも増えましたし、お問い合わせもいただいているので、結構、ニーズがあった情報なのだと思います。

しかし、ブログの出版は狭き門です。

そもそもブログの特性として、無料で読めることと、コンテンツとしてクオリティを意識しているブログが少ないことが理由です。

それでも可能性がゼロではありませんから、どうせブログをやるなら書籍化されやすいブログにしましょうという提案のつもりで記事を書いています。

逆に言えば、そこまでして出版社のオファーを待つのであれば、信頼性の高いブログを用意して、出版企画書を書いて売り込んだ方が、圧倒的に近道ということです。

ブログの書籍化にこだわる理由は分かりませんが、出版が目的なのであれば、オファーを待つよりも、出版企画書を作成して攻めるべきだと思います。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2010年1月11日

テーマ:集中講座:出版企画書の書き方

企画概要を考えよう(出版企画書の書き方05)

企画書の「企画概要」では、本の内容を簡単に説明します。

では、企画概要を考える上でのポイントを紹介します。

・目標設定
・再現性
・読者の共感

そのためには、この本で「何故」「誰に」「何を」「どうやって」伝えるのかを説明しなければなりません。

そして、読者が、この本を読むことによって、何ができるようになるのか、どうなることができるかを明確にする必要があるのです。

一般には、企画書を書くというと、5W1Hをイメージされる方が多いと思います。

しかし、出版の企画書には5W1Hはほとんど必要ありません。

いつ(When) →出版時期は出版社が決めるか原稿の仕上がりによります。
どこで(Where) →本書内で説明しなくてはなりませんし、本は本屋でしか売られません。
だれが(Who) →企画書を書いた人なので、書くまでもありません。
なにを(What) →書名案でわかるようにします。何の本かわからない書名案はダメです。
なぜ(Why) →本書の存在意義みたいなことで、これは、必要です。
どのように(How)→これは、「書く」に尽きます。

では、何が必要かというと、以下のようになります。

なぜ(Why) →本書の存在意義
誰に(Whom) →読者ターゲット
なにを(What) →本書のテーマ
どうやって(How to)→企画の切り口や方法

これらの内容が盛り込まれた概要が不可欠となるのです。

具体的に言うと「~なので、●●な方々に、××を□□の切り口で解説します」という流れになります。

ここでは、簡単に書きましたが、実際にはもっとふくらませたほうが良いでしょう。
その上で、次のような内容が読み取れることが理想です。

・知りたい、読みたい、やってみたいと思える内容
・便利、役立つ、その気にさせる内容
・モヤモヤや「困った」を解消する内容
・優良、最新、話題の内容

そして、これらのコトから著者としての意見や考え方、メッセージが伝わらなければなりません。

そのためには、後述する「著者プロフィール」の項目でそれを言うだけの説得力が必要になりますし、「企画意図」で出版社の担当者に「売れそう」と思わせることも重要です。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング




 編集プロダクション
 編集プロダクション@Facebook
 編集プロダクション@Twitter
 出版プロデュース
 Amazonキャンペーン
 本のプロデュース
 出版の方法
 出版プロデューサー
 出版コンサルティング
 出版コンサルタント