出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

出版プロデュース実績

ご訪問ありがとうございます。

あなたの商業出版の夢
サポートいたします。

2009年9月9日

テーマ:書籍の企画書の書き方

著者プロフィールで問われるあなたの資質。

こういう活動をしているので、数多くの企画書を見させていただいております。
その中で気になるのが、著者プロフィールや企画意図の文面です。
出版社は、「この人が、この企画を書くのに最適な人なのか」というのを著者プロフィールを見て判断しますので、企画を売り込む上で、自分をいかにプロデュースするのかは、重要なことではあります。
しかし、最近、その表記が大袈裟な方が多く見受けられます。
出版社にそのまま企画書を見せると、間違いなく、「この人は何様なの?」と言われます。
同様のことが、企画意図でも見受けられます。
企画意図なので、当然、この企画を立てた意図が書いてあるのですが、そこに「あんた何様?」と言いたくなる文面をよく見かけます。
もちろん、そこは私見で構いません。
しかし、やはり、それを謳うだけの実績や肩書きが必要なのです。
それが無い方に何を言われても、真実味もありませんし、説得力もありません。
それを読んだ出版者の方は、やはり、「この人は何様なの?」と言われます。
とくに出版業界の方々は、常に情報収集をしておりますし、著名な方とのコネクションもありますので、嫌な言い方をすれば、一個人の私見に耳を傾けている暇は無いのです。
ただ、先にも書いた通り、あまり謙虚だと、著者として不適切だと思われてしまうので、ここはバランスとしか言いようがないことでもあります。
ただ、実用レベルでそこを何とかしようと思うのであれば、周りの人の意見に摩り替えると良いでしょう。
たとえば、「私はこういう実績があり、周りにはこう呼ばれております」とか、「私の周りでは、こういう意見が多いので、こんな企画を立ててみました」とか…。
自分で言うから角が立つのであって、周りに言われていることにしてしまえば、自分では思っていなくても事実として話すことができます。
そうすることで、比較的、角は立たないはずです。
いずれにしても、あなたの企画書を読む方が「あんた何様?」と思うことがあるということを意識してみると良いでしょう。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2009年9月9日

テーマ:出版社への売り込み

書籍の企画と編集者の意外な相性。

出版企画書は、企画の内容を客観的に見て、相性の良い出版社に売り込むべきです。
相性とというのは、ブランドイメージや出版社のカラーだと思ってください。

しかし、実は、企画の内容と出版社の担当編集者の相性もあるんです。

編集会議で企画を提案し、通してくれるのは、何を隠そう出版社の担当編集者です。
ということは、その企画がいかにその担当編集者さんのモチベーションを上げられるかにかかっているということになります。
通常ですと、「売れそう」とか、「面白い」といった感情が、そのモチベーションの原動力になりますが、実はそれ以外にもモチベーションが上がる場合があるのです。

それが担当編集者の趣味・趣向と合致した場合。

この場合、もの凄いモチベーションになるみたいです。
「売れそう」とか、「面白い」といった感情ではなく、「この企画をやりたい!」という意思を強く感じました。
今まででは考えられなかった出版社から、今まででは考えられなかった企画が通過してしまうかもしれないぐらいのパワーです。

残念ながら、完全に企画が確定したわけではありませんが、担当編集者の企画へのもの凄い喰い付き方から、ふと、こんなことを思った次第です。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2009年9月8日

テーマ:書籍を出したい

ブランディング目的で出版を考える場合

最近、出版社の担当者と打ち合わせをする場合、ブランディング目的が全面に出ると、足元を見られる傾向があるようです。
本来、書きたいことで書籍を発刊するためには、一般的に自費出版や共同出版という方法になります。
この場合、かなりの費用が発生しますが、商業出版では印税を手にすることができます。
足元を見るような出版だと、「お金じゃない。何より本を出したい!」という強い意志を感じると、とたんに「費用がかからないだけマシでしょ」という態度に変わるようです。
そして、こちら側から先日の日記のような条件を提示する前に、同様の条件を提示してくることがあります。
あくまでも、企画の内容が一般の読者にも受け入れられることが大前提ですが、自分の企画にプライドを持ち、毅然とした態度で対応するように心がけてください。
決して目先の話しで「書籍化」という夢の実現を安売りしないでください。
出版社はたくさんありますので、足元を見られていると感じたら、一旦、保留にして、他の出版社にも売込みをしてみましょう。
どうしても、その出版社でしか実現できないと判断するまでは、いろいろな出版社に売り込みをかけてください。
あなたの企画が、一般の読者にも受け入れられるような企画であれば、きっと正当な評価をしてくれる出版社があるはずです。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング




 編集プロダクション
 編集プロダクション@Facebook
 編集プロダクション@Twitter
 出版プロデュース
 Amazonキャンペーン
 本のプロデュース
 出版の方法
 出版プロデューサー
 出版コンサルティング
 出版コンサルタント