出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

出版プロデュース実績

ご訪問ありがとうございます。

あなたの商業出版の夢
サポートいたします。

2009年9月9日

テーマ:出版社への売り込み

書籍の企画と編集者の意外な相性。

出版企画書は、企画の内容を客観的に見て、相性の良い出版社に売り込むべきです。
相性とというのは、ブランドイメージや出版社のカラーだと思ってください。

しかし、実は、企画の内容と出版社の担当編集者の相性もあるんです。

編集会議で企画を提案し、通してくれるのは、何を隠そう出版社の担当編集者です。
ということは、その企画がいかにその担当編集者さんのモチベーションを上げられるかにかかっているということになります。
通常ですと、「売れそう」とか、「面白い」といった感情が、そのモチベーションの原動力になりますが、実はそれ以外にもモチベーションが上がる場合があるのです。

それが担当編集者の趣味・趣向と合致した場合。

この場合、もの凄いモチベーションになるみたいです。
「売れそう」とか、「面白い」といった感情ではなく、「この企画をやりたい!」という意思を強く感じました。
今まででは考えられなかった出版社から、今まででは考えられなかった企画が通過してしまうかもしれないぐらいのパワーです。

残念ながら、完全に企画が確定したわけではありませんが、担当編集者の企画へのもの凄い喰い付き方から、ふと、こんなことを思った次第です。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2009年9月8日

テーマ:書籍を出したい

ブランディング目的で出版を考える場合

最近、出版社の担当者と打ち合わせをする場合、ブランディング目的が全面に出ると、足元を見られる傾向があるようです。
本来、書きたいことで書籍を発刊するためには、一般的に自費出版や共同出版という方法になります。
この場合、かなりの費用が発生しますが、商業出版では印税を手にすることができます。
足元を見るような出版だと、「お金じゃない。何より本を出したい!」という強い意志を感じると、とたんに「費用がかからないだけマシでしょ」という態度に変わるようです。
そして、こちら側から先日の日記のような条件を提示する前に、同様の条件を提示してくることがあります。
あくまでも、企画の内容が一般の読者にも受け入れられることが大前提ですが、自分の企画にプライドを持ち、毅然とした態度で対応するように心がけてください。
決して目先の話しで「書籍化」という夢の実現を安売りしないでください。
出版社はたくさんありますので、足元を見られていると感じたら、一旦、保留にして、他の出版社にも売込みをしてみましょう。
どうしても、その出版社でしか実現できないと判断するまでは、いろいろな出版社に売り込みをかけてください。
あなたの企画が、一般の読者にも受け入れられるような企画であれば、きっと正当な評価をしてくれる出版社があるはずです。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2009年9月5日

テーマ:近況報告

写真で稼ぐ方法

表題について詳しいcj中嶋さんに誘われて(?)トワイライトエクスプレスに乗ってきました。
行く前までは、「何で札幌から大阪を経由して東京にもどるんだろう?」とか思いながら乗車したのですが、トワイライトエクスプレスのスイートルームは意外や意外、凄かったです。
まず、スイートルームというだけあって、いろいろな設備が設置しれています。
しかし、当然のことながら、部屋はスイートルームといえど、それほど広いわけではありません。
それを、空間を上手く利用して設置されたのは、まさに機能美です。
とくに半畳ぐらいのスペースにトイレ、洗面所、シャワーがまとまっていたのは圧巻でした。
このドキドキは、子供の頃に秘密基地で遊んだ感覚に近いです。
たぶん、キャンピングカーなんかにも通じるものがあると思います。
トワイライトエクスプレスのサービスも充実していて、素晴らしかった。
これは、トワイライトエクスプレスをJR西日本が運営していることに起因しているそうです。
詳しい話しは、cj中嶋さんの鉄ビズ
にいつか書かれると思いますので、そちらをご覧ください。
途中、青函トンネルを通ったのですが、凄かった…自分がこんなにトンネルに魅了されるとは思いませんでした。
これだけは、今でも謎なぐらい、青函トンネル内には魅了されました。
寝台車の旅は、楽しいですね。
移動時間のスピードに不満があったのですが、結局、寝ている間に移動していると思えば、移動時間も気になりませんからね。
今後の出張などの移動では、手段の選択しに“寝台特急”は加えたいと思います。
というか、逆に“寝台特急”で行けるところに出張できるように頑張りたいです。
結局、全く鉄道に興味の無かった私ですが、寝台特急だけは好きになりました。
これだけ堪能した後の新大阪ー東京の新幹線の味気ない感じは、少し寂しかったです。
ま、そもそもの目的が短時間での移動ということだと思いますので、仕方ないんですけどね。
あ、そうそう、合計23時間も乗っていたのですが、仮眠の3、4時間以外は、ズーッとお話ししました。
出版の企画の話しにはじまり、業界の話し、今後の話し、周りの話し…そして、当然、電車の話し。
話しのネタが尽きることなく、熱い23時間でした。
家に帰ってきてからも、体より喉やアゴの筋肉の方が疲れているぐらいです。
最後に、cj中嶋さん、本当にありがとうございました。
とても楽しかったです。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング




 編集プロダクション
 編集プロダクション@Facebook
 編集プロダクション@Twitter
 出版プロデュース
 Amazonキャンペーン
 本のプロデュース
 出版の方法
 出版プロデューサー
 出版コンサルティング
 出版コンサルタント