出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

出版プロデュース実績

ご訪問ありがとうございます。

あなたの商業出版の夢
サポートいたします。

2009年10月27日

テーマ:近況報告

完全に遊ばれてます(笑)

アメブロをはじめて2ヶ月。

アクセス解析を見ながら、地道にアクセスを集めてきました。

しかーし!!

先日、松原さんの書籍発売の記事 を書いたら、ずーっと出版関係のキーワードでアクセスを集めていたのに、いきなり「ほったらかしで12万円稼ぐ秘密のしくみ」が検索キーワードで1位になり、2位が「松原智彦」、3位にブログタイトルの「出版の方法」が入り、そこから7位までは全て1位、2位の複合キーワードです。

ちなみに、1位と3位の検索数ではダブルスコア以上あけられてます。

私の努力って…

そして、昨日、中嶋さんの書籍が決まった記事 を書いたら、ずーっと検索エンジンからのアクセスを重要視してきたため、i2iのアクセスランキングで1位にランクインしているのは当然Googleなのですが、それも中嶋さん がいろいろと気をつかってご紹介くださるので、Googleの1位も危ぶまれております。

う~む、検索エンジンより、パワーユーザーからの紹介…

ということで、ここ1週間、アクセス解析がまともじゃありません。

完全に遊ばれてます(笑)

急にアクセスも伸びてるし…確かに嬉しいのですが、逆に来週はショックで泣いちゃうかも。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2009年10月26日

テーマ:企画が編集会議で通過

中嶋茂夫さんの企画が出版決定!

本日、一冊、出版が内定しました。
著者は中嶋茂夫 さんです。
11月7日のセミナーに招待されていただけに、それまでに決まって良かったです。

でないと、いろいろご紹介いただいても、格好つかないですからね。

ちなみに、中嶋茂夫 さんは同時に5冊の企画を並行して売り込みを進めていて、今回の企画は私が担当している3冊分のうちの1冊です。

しかも、アメブロ+ブランディングの企画なので、ブログとの連携も取りやすい企画です。

中嶋茂夫 さんとはじめて出会ったのは2008年春、そこから呑み屋さんで会っては、何度も、何度も、出版企画書を拝見させていただいたのですが、なかなかまとまりませんでした。

そして、ついに、今年の4月に大阪で開催した出版セミナーに参加していただき、コツを掴んでいただきました。

でる企画書の精度も上がりはじめると、今度は書きたいネタ、書いておいたほうが良さそうなネタ…と、とにかく、ネタの多彩ぶりと出版への貪欲さを存分に発揮して、どんどん企画を考えては企画書をお送りいただきました。

こういう時に、セミナーに参加してもらうことの必要性を感じますね。

その後も呑み屋での打ち合わせ、上京時に来社 していただいての打ち合わせ、一緒にトワイライトエクスプレスに乗っての打ち合わせ 、さらに、福岡の出版セミナー にも参加していただいたり、東京でのグループコンサル にも参加いただいたり…とにかく、何時間も企画について打ち合わせをし、5冊分の企画書をお預かりし、やっと決まった1冊です。

もちろん、残り4冊は売込み中です。

さらに、この企画のネタは、ネタ自体が紆余曲折して決まったこともあり、今回の企画が決まったのは本当に嬉しいです。

著者にも、企画にも、思い入れのある1冊になると思います。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2009年10月26日

テーマ:戦略的出版セミナー情報

出版戦略セミナー(広島)は大成功

広島でのセミナー開催だったのですが、今回も、最初に話しを聞いてもらって、だいたいの考え方を身に付けていただき、その上でグループ面談という形態で行いました。
ただ、今回は全て私一人でお話しをさせていただきました。

いつもなら、企画書の書き方のパートは金丸の担当なので、話しなれていない分、しっかりと伝わったか不安です。

しかも、時間配分を間違えてしまい、少し時間が余ってしまったので、今後、単体のセミナーにして話そうと思っていた「ブログの書籍化」についても簡単にお話させていただきました。

今回の参加者は、皆さん、かなり具体的にイメージされていたので、それぞれが、多少、準備をしなければいけないこともありますが、このままセミナーに参加して終わりとならなければ、必ず出版できるでしょう。

きっと、また広島でセミナーが開催できると思います。

相変わらず、写真や出版業界のイメージから、“怖い”、“堅い”、“冷たい”という感じのイメージをもたれていたようです。

確かに、17歳の時に28歳と言われ、23歳の時に37歳と言われてました。

やっとその差は縮まったとはいえ、まだまだ実年齢より上に見られます。

今後は、自分のイメージについても考えないと…と、思いました。

写真からは伝わりづらいようですが、呑むと気さくなオッサンなはずなんですけどね。

帰りは寝台特急サンライズ出雲のB個室寝台1人用(シングル)だったのですが、とても楽しいひと時でした。

部屋は狭かったですが、横になっても星が見えるのは良かったですね。

これも、この方 のお陰です。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング




 編集プロダクション
 編集プロダクション@Facebook
 編集プロダクション@Twitter
 出版プロデュース
 Amazonキャンペーン
 本のプロデュース
 出版の方法
 出版プロデューサー
 出版コンサルティング
 出版コンサルタント