出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

出版プロデュース実績

ご訪問ありがとうございます。

あなたの商業出版の夢
サポートいたします。

2010年1月6日

テーマ:集中講座:出版企画書の書き方

企画意図を考えよう(出版企画書の書き方10)

企画書の「企画意図」では、どうしてこの本が売れるのか、何のために発刊する必要があるのかがわからなくてはなりません。

そのためには、本のコンセプトや売りを明確にして、客観的に市場を分析し、どう攻めるのかを具体的に書くこ
とが重要になります。

企画意図に客観的な市場分析を入れる場合、しっかりとした裏付けとなる数字を提示するのが理想的です。

数字で重要なことは、その市場規模がわかることです。

ユーザー数や登録者数などがそれに該当します。

また、その数字の出典元が新聞社のようなしっかりとした機関からの数字だと、なおさら説得力が増します。
数字の目安としては、その数の1%が5000を上回る場合、比較的サクッと企画の進行が決まると思います(これは経験則ですが…)。

他にも、市場規模が分かる数字として、類書の売れ行きもあります。
類書が1冊しかない場合、その類書が売れていると、やはり、比較的サクッと企画の進行が決まると思います(これも経験則ですが…)。

ただし、売れていたとしても、類書が3冊以上ある場合、市場が飽和状態と判断されるため、切り口を変えないと厳しいでしょう(出版社によっては、分野として成立している、と考え進行が決まることもありますが、その場合でも、差別化が十分なされている必要があることはいうまでもありません)。

ユーザー数や登録者数などの数字であれば、ニュースサイト(BCNランキングなど)で見つけることはできますし、類書の売れ行きであれば、アマゾンのランキングや本屋さんで平積みになっている本の奥付を見れば増刷されたかどうかわかります。
こういう数字を見つけてから企画を考えるのも良いですし、立てた企画の数字を探して、企画書に添えてみるのもよいでしょう。
いずれにしても、このような市場規模が分かる数字が添付されていると、本の売れ行きが予測しやすいので、企画進行の可否はサクッと決まります。

逆にダメな例としては、「たくさんいるだろう」や「いるはずだ」という「たら・れば」による分析です。

また、「友人が『そういう本があれば、ぜひ欲しい』と言っていた」という裏付けも無意味です。

これはまったく意味がありません。
それは、そういう潜在需要は、あるにしてもその方々が本を買うかどうかの動機付けに結びつかないからです。
ただし、意味がないということは、企画が通らないというわけではありません。
あくまでも市場規模はわからないという判断をされるだけで、あとはその企画の内容だけで進行の可否を決めることになるという話です。

企画内容が面白ければ、そんな数字の裏付けがなくても、進行されるでしょう。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2010年1月6日

テーマ:近況報告

モテブロガーへの挑戦も終了です

昨日の0時からはじまったモテブロガーへの挑戦ですが、先ほど、終了いたしました。

まだ、モテブロガーになれたかどうかは分かりませんが、私ができることは全てやったつもりです。

感無量です。

皆さんからの暖かい応援メッセージや紹介記事を読み返すと、目頭が熱くなります。

そのほとんどが、お願いしていない方ばかりですので、なお更です。

(逆に期待していた人は入院したり、飛行機乗ったりしちゃいますし…(笑))

本当にありがとうございました。

それにしても、本当に楽しい、充実した一日を過ごすことができました。

こんな感覚は、本当に何十年ぶりかですね。

結果については、明日、改めて書かせていただきますので、お楽しみに。

最後にご紹介いただいたら方々をご紹介させていただきます。

もし、ご紹介できていない方がいらっしゃいましたら、お手数をおかけしますが、コメントかメッセージにてご一報ください。

日刊モテゾー藤沢あゆみのモテる人の秘密        

自分★ブランディング計画!    

カカトコリ@「一天地六の法則」

鉄道ファン 必見【鉄ビズ】鉄道ブログ でアクセスアップ      

文章力センスアップ講座開講中!

がけっぷち女社長の実践◎ブログじゃんじゃん    

キャバクラ必勝塾。月3万円でキャバ嬢を攻略する方法

坂本龍馬指南!名言ブログ「龍馬の如く」自分らしく自由に生きる109のヒント!

アメブロをオリジナルスキンにカスタマイズ~CSS編集裏技~

モテ☆マネーレッスンbyまりーFP

勝手に応援!ミーハーゴコロ☆ネットが「ご縁」ファンになって出会えて繋がる。

産業カウンセラー試験応援ブログ

パワーブロガー養成講座!アメブロを攻略し月収90万をゲットせよ!    

【趣味起業】趣味を活かしたネット起業・副業で幸せリタイア生活

★美しく生きるはイバラの道★

SEO,LPO,ウェブ制作、ウェブコンサル業者の為のブログ

★渋谷でうごめく老舗文具店ウェブマスターの企み

キャラケーキの作り方~簡単な方法・裏技レシピ

らいらっくレビュースタイル

カメラマン会社社長の女磨き道

婚活学校@男女関係のサプリ

もう一度会いたいワタシ養成中

妻を最強の味方にする方法

プロ厳選泣けるときめく映画ナビネタバレなし

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2010年1月5日

テーマ:近況報告

モテブロガーも最後の追い込みになりました

あと、30分弱でモテブロガーへの挑戦も終了いたします。

現状でどれぐらいのアクセス数があるのかが、全く分からないので、不安ばかりが募ります。

一時的とはいえ、1000位を切るという目標へ挑戦するということは、かなりのパワーを要しますので、たぶん、2度と挑戦することは無いでしょう。

それだけに、今回の挑戦に掛ける思いも強いです。

ということで、本当はあまりやりたくなかったのですが、ここで急遽、出版コンサルをはじめます。

出版コンサルと言っても簡易的なものです。

今から、コメント欄に書き込みがあった企画について、アドバイスさせていただきます。

必ず、メッセージではなく、コメント欄にお書きください。

ちなみに、受付の締め切りは25時(翌1時)までです。

出版企画書は、テーマと切り口が一番重要です。

ここがずれていると、どんなに良い企画書を書いても意味がありません。

なので、出版企画書を書く前に、この機会を利用して、先にテーマと切り口を固めちゃいましょう。

それと、記事を読んで満足するのではなく、一緒に盛り上がっていきましょう。

是非、『ケイズ倶楽部』にもご参加くださいね。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング




 編集プロダクション
 編集プロダクション@Facebook
 編集プロダクション@Twitter
 出版プロデュース
 Amazonキャンペーン
 本のプロデュース
 出版の方法
 出版プロデューサー
 出版コンサルティング
 出版コンサルタント